テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「さんまさんと鶴太郎さんが忙しくて…」池上季実子、『男女7人夏物語』を語る

クルマという空間を舞台に、ゲストが普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する番組『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日)。

©BS朝日

11月10日(土)に放送される同番組には、女優の池上季実子と藤真利子が登場する。ドラマ共演もあるが、池上の親戚の花見会やバーベキューで会うことの方が多いという2人。

今回は、秋の味覚を堪能しようと千葉へドライブ。大女優2人が長靴を履いて芋ほり、落花生とネギも収穫して、グランピングを初体験。採れたての野菜と大好きな肉も焼き、バーベキューを楽しむ。

池上は、「十代目(坂東)三津五郎に言われてNHKのスタジオ見学に行ったら、プロデューサーに声をかけられた」ことがきっかけで、14歳でドラマデビュー。その後、「ドラマ『愛と誠』に出てから生活が変わった。楽しくやっているうちに45年経た感じ」だという。

また、池上といえば、『男女7人夏物語』への出演だが、「もう歌手になったみたいだった。街でも『千明~』って学生たちに追いかけられるし」「さんまさんと鶴太郎さんが忙しくて、朝8時から撮って、2人が出てまた全員揃うのは夜ロケバスでずっとさんまさん喋りっぱなしなのよ」など、人気ドラマの裏側を語る。

一方の藤は、大学生のときに女優デビュー。翌年、映画『飢餓海峡』に出演するが、「主人公役の女優さんが『ヌードがいやだ』って現地で降りちゃって、急きょ私がオーディション受けてすぐに青森に行けますか?って言われて…」と出演までのいきさつを語る。

また、「(作家の)父は、親の七光りで受かったんだと言うから、それが悔しくて。でもそれで頑張って、そこからようやく女優として認めてもらえたというか、そこから踏み出したという感じかな」と転機を振り返る。

※番組情報:『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~
2018年11月10日(土)午後10:59~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事