テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『相棒17』特命係にかつてない衝撃!右京、亘&角田課長とまさかの決裂

4年目を迎えた杉下右京(水谷豊)×冠城亘(反町隆史)の特命係に、“3人目の男”青木年男(浅利陽介)が加わり、衝撃の形でスタートした『相棒season17』

©テレビ朝日

11月7日(水)放送の第4話ではなんと、長年特命係の“よき理解者”だった組織犯罪対策第五課・角田六郎課長(山西惇)と杉下右京(水谷豊)が決裂するという、まさかの事態が発生。特命係にかつてない衝撃が走る。

◆正義を貫く右京に、角田が激怒!

第4話は、裏カジノ店一斉摘発作戦に協力したことをきっかけに、特命係が組織犯罪対策第四課の賭博担当、通称“バクハン”のリーダー・源馬寛(中野英雄)の黒い疑惑に迫るストーリー。

角田にとって後輩にあたる源馬は、若い頃から親交が深く、“盟友”ともいうべき存在。角田は源馬の周辺を探りはじめた右京に対し「余計なことはするな」と忠告するが、正義を重んじる右京は己の信念のままに捜査を続行。ついに、「俺たちの捜査はきれいごとじゃすまないんだ!」と角田が激高する事態が起き、2人の間に決定的な亀裂が入る…。

©テレビ朝日

角田課長は、『相棒』プレシーズン2(2001年1月放送)時代からのレギュラーメンバー。特命係の部屋が組織犯罪対策課の隣にあることから、「よっ! 暇か?」のセリフとともにふらりと現れては、コーヒーを飲んでいくのがお約束。

内心では右京の類まれな推理力を認めており、特命係に有益な情報をもたらすなど、右京を何かと手助けしてきた存在だ。

◆冠城亘も右京に反発!特命係は解散!?

©テレビ朝日

さらに、冠城亘(反町隆史)もまた、正義を貫くあまりに角田の制止を聞かずに捜査を続けようとする右京に反発。「組織には組織の論理がある。僕は行きません」と同行を拒否し、2人は袂を分かつことに…。

亘と角田課長――2人の強力な“味方”を失い、孤立無援となった右京の運命は? 衝撃と緊迫の展開が続く『相棒』第4話、見逃し厳禁だ。

※番組情報:『相棒season17』第4話「バクハン」
2018年11月7日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事