テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

今夜、世界体操で金メダル獲得へ!内村航平が団体戦のキーマンに挙げた“意外な人物”

10月25日(木)にカタール・ドーハで開幕した『世界体操』。

大会5日目となる今日10月29日(月)、いよいよ『男子団体決勝』が行われる。

今大会は2020年東京五輪予選を兼ねており、団体では総合3位までに入れば2020年東京五輪の出場枠が獲得できる。

日本の男子団体は、予選を3位で通過。1位のロシア、2位の中国に点差をつけられたが、予選の得点は決勝に持ち越されない。

2016年リオ五輪、予選4位から金メダルを獲得していることもあり、今大会も狙うのはもちろん「金メダル」だ。

出場メンバーは、キャプテン・内村航平を筆頭に、田中佑典、白井健三、萱和磨、谷川航の5選手。

大会前の10月22日(月)『報道ステーション』内では、キャプテン・内村自ら、「強い」と断言した日本チームについて紹介した。

◆“着地王子”に期待「彼は淡々と全部止める」

まず、内村が「開花しそう」と話すのが萱だ。

©テレビ朝日

2015年の世界体操、種目別「あん馬」ではF難度の大技「ブスナリ」を決め、見事銅メダルを獲得した。

内村が、萱の特徴として挙げたのが「手の長さ」だ。

「あん馬」は手を入れ替えて技を行うため、腕が長いと手の入れ替えがスムーズにできるという。

「普通、腕の長さは身長と同じくらいだと思うんですけど、(萱は)10センチくらい長かったので、『あん馬』に体が当たりにくくて安定感に繋がっているのかなという風に思います」(内村)

続いては、“着地王子”の異名を持つ谷川。

©テレビ朝日

6月の種目別選手権、跳馬では空中で2回宙返りしながら、前向きに着地する大技「ブラニク」で完璧に止めてみせた。

内村は「僕も着地得意ですけど、毎回止められるわけじゃない。彼は国内で淡々と全部とめたりするので、世界の舞台でも同じようにやってくれれば、すごく勢いがつく」と、期待を寄せている。

◆白井は「かわいいなこいつって思いました(笑)」

田中は、内村と共にリオ五輪の団体で金メダルを獲得したメンバーだ。

©テレビ朝日

得意種目「平行棒」と「鉄棒」は、リオでも大きな武器となり、団体戦に大きく貢献した。

内村は田中の体操を「教科書」のようだと絶賛する。

「本当に誰もがお手本にしたくなるくらい良い体操をしているので、それを出してもらえれば十分です。すべてが上手くいくと思います。佑輔らしくやれば点数は出るし、勢いはつくし、良いことだらけです」(内村)

そして、昨年世界体操の種目別「ゆか」と「跳馬」で金メダルを獲得、個人総合でも銅メダルを獲得した白井健三。

©テレビ朝日

団体の主軸として期待される白井だが、内村は「あん馬」の安定感が足りないと感じていたという。

そんな内村は白井に対して「他の種目の3倍やって、初めて一緒になる」と日頃からアドバイスを送っていたそうだ。

「あいつは、人から言われるのは好きじゃないんですよ。でも僕が言ったら、わりとすんなり聞いてくれる。『あん馬』に関しても本当にやっていて、それで落ちなくなっていて。言ったことちゃんと守っているんだなと。かわいいなこいつって思いました(笑)」(内村)

白井も、内村のこの助言に関して「一番心に響いていて、実践している」と話すほど、以心伝心していた。

©テレビ朝日

4人の団体メンバーを紹介した内村だが、最後にチームのキーパーソンとして挙げたのは“意外な人物”だった。

「今年は僕じゃないかと思います」(内村)

東京五輪の出場権獲得に向けて、金メダルに向かって、今夜の日本男子団体の活躍に注目したい。<制作:テレビ朝日体操>

※番組情報:『世界体操
男子団体決勝 2018年10月29日(月)よる10:30〜深夜01:23、テレビ朝日系24局
女子団体決勝 2018年10月30日(火)よる11:20〜深夜01:23、テレビ朝日系24局
男子個人総合決勝 2018年10月31日(水)よる10:30〜深夜01:23、テレビ朝日系24局
女子個人総合決勝 2018年11月01日(木)深夜00:20〜深夜02:24、テレビ朝日系24局
男女種目別決勝 第1日2018年11月02日(金)深夜00:20〜深夜02:50、テレビ朝日系24局
男女種目別決勝 第2日2018年11月03日(土)よる10:30〜深夜01:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事