テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

平尾昌晃さんにスカウトされ上京…安倍里葎子、デビュー時は「水着以外の取材お断り」

10月26日(金)に放送される『徹子の部屋』に、安倍里葎子が登場する。

©テレビ朝日

昭和45年、デビュー曲の『愛のきずな』が大ヒットし、一躍人気歌手となった安倍。それから48年が経ち、70歳になった今も歌い続けている安倍の歌手人生は波瀾万丈だ。

地元・北海道の音楽喫茶で歌っていた彼女をスカウトしたのは、あの作曲家・平尾昌晃さん。そして上京しデビューが決まった彼女だが、売り出すためのキャンペーンは、なんと「水着以外の取材はお断り」という型破りなものだった。それが功を奏し、その年の日本レコード大賞新人賞を受賞。

しかしその後、デビュー曲以上のヒット曲に恵まれず13年…。キャバレーなどで歌っていた頃に出会ったのが、橋幸夫とのデュエット曲『今夜は離さない』だった。それから安倍は「デュエットの女王」と呼ばれるようになる。

番組では、橋と歌っている当時の貴重なVTRを紹介。さらにスタジオでは、昭和の名曲『愛のきずな』を熱唱する。

©テレビ朝日

また、今も精力的に舞台で歌い続ける安倍を支え続けてくれたのは、母のセツ子さん。89歳になる母と二人三脚で歩いてきた人生を振り返る。

※番組情報:『徹子の部屋
2018年10月26日(金)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事