テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

上川隆也「ベストなキャスティング」と絶賛!『遺留捜査』SPでえなりかずきと初共演

現場に残された遺留品に注目して事件を解決していく上川隆也主演のドラマ『遺留捜査』が、スペシャルとして復活することが決定した。

©テレビ朝日

11月11日(日)に放送される『遺留捜査スペシャル』には、メインゲストとしてえなりかずきが登場。『遺留捜査』史上かつてないほど “不思議”に満ちた異色のストーリー展開で送る。

この『遺留捜査スペシャル』で糸村たち特別捜査対策室のメンバーが挑むのは、滝つぼから修験道者の水死体が見つかった、という奇妙な事件。被害者が所持していた“トンビの羽”に興味を持った糸村は糸口を求めて滝つぼの上流にある“鳶が谷(とびがたに)”へ。そこは今なお“天狗伝説”が色濃く残る地で、周囲とは隔絶された異質な世界が広がっていた。

©テレビ朝日

その一方で京都府警のホストコンピューターが何者かに不正に侵入され、捜査資料がとある人物にハッキングされる事態も発生。“天狗伝説”と“ハッキング”…あまりにかけ離れた、ある意味“対極”ともいえるような2つの断片を糸村はどう結びつけていくのか…?!

◆えなりかずき、民俗学者に!

今回が初共演だという上川とえなり。もともと『遺留捜査』のファンで、「上川さん演じる飄々とした糸村刑事の、視聴者の予測を大きく超える推理力にいつもワクワクしておりました」というえなりは、「初日に斜めがけバッグを背負った上川さんにご挨拶した際、糸村さんにしか見えなくて、“テレビと一緒だ!”と感激しました(笑)。『遺留捜査』の世界の内側に入ることができてとてもうれしかったです」と内心、大興奮しながら演じたことを明かした。

©テレビ朝日

上川は「“天狗伝説“など民間伝承を題材にした物語にふさわしい、ベストなキャスティングでした。糸村が迷い込んだ村に漂う、ある種独特の雰囲気を余すところなく表現してくださいました」と、えなりの演技を絶賛していた。

ロケの大半は人里離れた山中で行われ、えなりは「携帯電話が繋がらないエリアだったので、日が暮れると正真正銘の暗闇でした」と撮影エピソードを告白。

また、「隔絶され、独特の文化を発展させた村での事件が描かれているので、いつにも増してスリルを味わえる作品だと思います。一緒に”つぐは村”に行った気持ちになって、サスペンスの醍醐味をぜひ味わっていただきたいです」とみどころをPRした。

えなりかずきが民俗学者にふんし、上川隆也と初共演&これまでにない異色の物語が展開する『遺留捜査スペシャル』。11月11日(日)のオンエアは見逃せない。

※番組情報:日曜プライム遺留捜査スペシャル
2018年11月11日(日)午後 9:00~、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事