テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

徳永有美、『報ステ』で初インタビュー!一介の会社員がIOC委員に選出された理由に迫る

10月8日(月)・9日(火)に行われたIOC(国際オリンピック委員会)の総会で、国際体操連盟(FIG)会長である渡辺守成(わたなべ・もりなり)氏がIOC委員に選出された。

日本からのIOC委員誕生は14人目であり、現職では2012年に就任したJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長と合わせて2人となる。

昨年には日本人では史上4人目の国際体操連盟会長となった渡辺氏。スポーツ界の世界トップの座に次々と躍り出る氏は、いったい“何者”なのか?

©報道ステーション

10月23日(火)に放送される『報道ステーション』(テレビ朝日系)では、徳永有美キャスターによるインタビュー取材もまじえて詳しく紹介する。

 

◆徳永キャスター『報ステ』で初インタビュー

渡辺会長には、オリンピックの出場経験はない。それどころか、JOCの役員でもなければ東京五輪組織委員会にも属していない。

その実は、一介のサラリーマンだ。国際体操連盟会長になっても、IOC委員に選出されても、サラリーマンとして仕事を続けている。

ひとりのサラリーマンが、なぜスポーツ界の世界トップ層にのぼりつめられたのだろうか。

番組では、渡辺会長の経歴を振り返りながらその理由に迫る。

今回、10月より『報道ステーション』に出演している徳永有美キャスターが渡辺会長へのインタビュー取材を実施。徳永キャスターが同番組でインタビュー取材に臨むのは、今回が初めてとなる。

「どこに住んでるの?」と聞かれれば「飛行機」と答えるほどに多忙をきわめる渡辺会長。貴重なインタビューで、何を話すのか。体操について、スポーツ界について、氏がいま思うこととは。見逃せない。

※番組情報:『報道ステーション
2018年10月23日(火)21:54~23:15、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事