テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伊東四朗、大物弁護士(大和田伸也)に疑念。“父娘で捜査”人気シリーズ最新作

たたき上げの刑事・鴨志田新一(伊東四朗)と、エリート警視の娘・岡崎真実(羽田美智子)という凸凹父娘コンビの活躍を描く『おかしな刑事』シリーズの最新作が、10月21日(日)に放送される。

©テレビ朝日

女性記者が刺殺された事件で、第一発見者で実演販売員の元夫・相川裕治(深沢邦之)が逮捕・起訴されてしまう。

鴨志田は彼の無実を直感し、相川も一貫して犯行を否認していたが、大物弁護士・久保丈太郎(大和田伸也)が着任すると、裁判に入ったとたん罪を認め始めた。

鴨志田は疑念を抱くが、真実もまたこの事件に興味を持っていて…。

 

◆あらすじ

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。

©テレビ朝日

東王子署管内の公園で、新聞社の文化部記者・長谷部薫(岩橋道子)が、刺殺される事件が起きた。

第一発見者は実演販売員の元夫・相川裕治(深沢邦之)で、相川によると事件当夜、薫から話があると呼び出され、公園で待ち合わせていたという。現場からは、財布や携帯電話、パソコンなど所持品がすべて入った薫のバッグが、こつ然と消えていた。

目撃者によると、悲鳴を聞いて駆けつけたところ、相川は仰向けに倒れた被害者に馬乗りになっていたという。その上、凶器の包丁は相川が実演販売している商品であり、相川の指紋しか検出されなかったことから、捜査員たちは相川を疑う。鴨志田は凶器の指紋が不自然に付着していることに気づき、彼の無実を直感するものの、相川は逮捕、起訴されてしまった。

だが、鴨志田が調べたところ、殺害される2週間前、薫が住んでいたマンションに空き巣が入った事実が浮上。犯人は薫の所持品が目当てだったのではないかと、鴨志田は考えはじめる。

©テレビ朝日

そんな中、相川は突然、国選弁護人の武井昭一(正名僕蔵)を解任。代わりに着任したのが、大物弁護士・久保丈太郎(大和田伸也)だった。しかも驚いたことに、これまで一貫して犯行を否認していた相川が裁判に入ったとたん、罪を認めたのだ。これには鴨志田も武井も疑念を抱くが、真実もまたこの事件に興味を持っていた…。

実は、真実はこのところ、“国土開発省”の職員が自殺した事件について、茨城県警の警部・松原正次(大浦龍宇一)と共に捜査に当たっていたのだ。現在、“茨城南港”の再開発工事に絡んで現役大臣の贈収賄疑惑が持ち上がっており、真実たちは件の職員は口封じのために殺害されたとにらんでいた。

久保はその贈収賄疑惑の渦中にいる大臣とは昵懇の間柄であり、本来ならば疑惑の火消しに躍起になっているはずなのに、なぜ何の関係もない殺人事件の弁護を買って出たのだろうか…。その矢先、殺された薫が担当していた連載小説の舞台が、“茨城南港”だとわかって…!?

※番組情報:日曜プライム『おかしな刑事スペシャル』
2018年10月21日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事