テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

渡部秀&高田里穂、『仮面ライダージオウ』に出演!成長した映司が意外な仕事に

「平成仮面ライダーシリーズ」の記念すべき20作品目にして、「平成仮面ライダー」最終作となる『仮面ライダージオウ』

時空を駆け巡る“タイムトラベルライダー”として、『仮面ライダービルド』『仮面ライダーエグゼイド』『仮面ライダーフォーゼ』『仮面ライダー555(ファイズ)』『仮面ライダーウィザード』の各時代でアナザーライダーとの戦いを繰り広げてきた。

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

10月28日(日)放送の“EP09”と11月11日(日)放送の“EP10”では、2010年9月~2011年8月まで放送された『仮面ライダーオーズ』で主人公の火野映司を演じた渡部秀と、ヒロイン・泉比奈を演じた高田里穂がそれぞれの役で友情出演する。

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

◆火野映司、世界を旅して国会議員に!?

2018年、檀ファウンデーション社長・檀黎斗(岩永徹也)が、タイムジャッカーから手に入れたアナザーオーズの力を武器に日本からの独立を宣言。自らを「檀黎斗王」と名乗り、「会社の敷地内は日本のいかなる法律も通用しない!」と世間を混乱に巻き込んでしまう。

そんな黎斗からアナザーオーズの力を奪うため、檀ファウンデーションに潜入するソウゴ(奥野壮)、ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)だが、ソウゴは「自分が王になるための勉強をしたい」となぜか黎斗の“家来”となってしまう…。

そして、タイムジャッカーがもたらした騒乱の2018年の世界で、比奈(高田里穂)は服飾関係の仕事を、そして映司(渡部秀)は国会議員になっていた。エスニック調の衣装がトレードマークでもあった映司が、今回はスーツに身を包み成長した姿を見せる。

「オーズ」では定職も持たず各地を放浪していた青年だった映司。国会議員になっても、若き日の「ちょっとのお金と明日のパンツがあればそれでいい」という名文句は健在だ。

黎斗が変身するアナザーオーズを倒すには、ソウゴやゲイツがオーズライドウォッチを手にする必要がある。はたして、映司はどのようにしてウォッチを渡すのか?

懐かしさ満点のレジェンドライダー、映司と比奈の活躍に期待だ。

※番組情報:『仮面ライダージオウ
2018年10月28日(日)「EP09」、11月11日(日)「EP10」
毎週日曜 午前9:00~9:30放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事