テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ドラマとは真逆!『女囚セブン』オフショット公開 剛力&トリンドルが蛙で大はしゃぎ

剛力彩芽・山口紗弥加・トリンドル玲奈・平岩紙・橋本マナミ・木野花・安達祐実というキャラクターの濃い女優陣が7人の“女囚”を演じ、その頂点を巡って“プリズン・サバイバル”を繰り広げる様子を描いた新感覚の群像コメディドラマ『女囚セブン』

謎多き京都の芸妓・神渡琴音(かみわたり・ことね)を演じる剛力彩芽の京都弁や、琴音がイジメを受けながらも毎回女囚たちをやり込めるシーンが見どころの同作だが、5月5日(金)放送の第3話では、そんな彼女が日本における待機児童問題という社会問題に斬り込む。

©テレビ朝日

第3話で琴音と対峙するのは、トリンドル玲奈演じる元ヤンキーで夫を殺したシングルマザー・市川沙羅(いちかわ・さら)。

ロクに働きもせず育児放棄する夫から娘を守ろうと殺人を犯し、殺人罪で服役している沙羅は、「はやく刑務所を出て娘に会いたい」という気持ちに付け込まれ琴音を陥れるための刺客となってしまう。しかし、琴音はそんな沙羅のシングルマザーとしての苦悩や葛藤をすべて見透かし、真夜中の刑務所で沙羅と一対一で向かい合うシーンでは、「あんたはんが罪を犯さざるを得なかったのは、この社会のせいどす」と現代日本が抱える待機児童問題を一刀両断する。

そんな言葉を聞いた沙羅は、どんな思いを抱くのか? 琴音を「ドベ」と呼び、率先してイジメを主導してきた沙羅も懐柔されてしまうのか? 琴音(剛力)の痛快な啖呵と併せ、注目だ。

そんな緊迫したストーリーとは対照的な第3話の撮影現場のオフショットが届いたので紹介しよう。

ペンキを塗る作業のシーンでは、お互いの顔にペンキを塗ってじゃれ合う女囚たち。

©女囚セブン

カエルを見つけて、みんなではしゃぐ一幕も。

©女囚セブン

撮影が進むにつれて息もピッタリになってきた女囚たち。彼女たちが見せる、刑務所の中の群像劇に注目だ。

※番組情報:『女囚セブン
2017年5月5日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局( ※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1