テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ユースケ、志田未来とバディに!人気刑事ドラマ第2弾は小雪・滝藤賢一ら豪華共演者も

ユースケ・サンタマリア演じる一見どこにでもいそうな普通のオジサン風刑事が、毎回、警察外部からやってくる変わった経歴のエキスパートと無理やりバディを組まされ、不可解な事件に巻き込まれるドラマ『警部補・碓氷弘一』

待望の同作シリーズ第2弾が11月25日(日)に放送されることが決定した。

©テレビ朝日

原作は『隠蔽捜査』シリーズ、『ハンチョウ~神南署安積班~』シリーズ、『ST警視庁科学特捜班』シリーズなど警察エンターテインメント小説の第一人者・今野敏だ。

昨年4月に放送した碓氷弘一シリーズ第1弾では、碓氷刑事(ユースケ・サンタマリア)が相武紗季演じる美人心理捜査官・紗英とコンビを組み、連続通り魔事件に隠されたトリックを解明した。

紗英の心理分析能力を巧みに引き出しつつ事件解決へと導いた碓氷は、どんなパートナーと組まされても相手の力を引き出し、自らの力に変えて事件を解決する“懐の深さ”を発揮する刑事。

これまでの刑事ドラマにはなかった異色ヒーローを、ユースケが個性的な魅力で表現し、好評を博した。

そしてシリーズ第2弾は、今野敏原作の碓氷弘一シリーズ『マインド』を初ドラマ化。『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』も手がける香坂隆史が脚色し、映画『SP THE MOTION PICTURE 野望篇&革命篇』『BORDER』などを手がける波多野貴文が監督という強力な布陣で映像化する。

◆新バディに志田未来、謎の美女役には小雪

©テレビ朝日

今回、ユースケ演じる碓氷刑事の新たなバディ役として、志田未来演じる篠宮梓が登場。前回の紗英と同様、科警研の心理捜査官として碓氷とともにミステリアスな事件の謎に挑む。

思ったことをズケズケと口にする強烈な物言いの梓は、三浦貴大演じる若手刑事・梨田と衝突しかける場面も。そんな梓とコンビを組まされる碓氷も、暴走気味の梓に引っ張り回される。

果たして今回も持ち前の“懐の深さ”を発揮し、梓の良い面を引き出すのか? ユースケと志田未来の共演による化学反応に注目だ。

©テレビ朝日

さらに二人の前に現れる事件の鍵を握る女性、心療内科クリニックの院長・水沢瞳役で小雪が出演。謎めいた美女として碓氷らの前に現れ、真相に迫ろうとする彼らを言葉巧みに翻弄する。

このほか共演は、捜査一課の碓氷の同期・高木隆一に滝藤賢一、捜査一課の碓氷の後輩で若手刑事“洋梨”こと梨田洋太郎に三浦貴大。碓氷との別居を解消した妻に紺野まひる、捜査一課第5係をまとめる係長・鈴木滋に佐野史郎、など前回に引き続き個性あふれる俳優陣が集結した。

◆ユースケ・サンタマリア コメント

「第2弾のお話をいただいたときはうれしい驚きでした。キャスティングにもスタッフのこだわりがあって、ものすごく豪華かつ面白い組み合わせになりました。本当にいいのかな、という感覚です。

僕が演じる碓氷は本当に普通の男。他のドラマの主人公のようにキャラが立っていたり、特殊な能力を持っていたり、魅力があったりとか、そういう部分が全くない。ある意味、ドラマのなかでは一番地味な主人公です。

ところが、その碓氷をカメラは執拗に追いかける。そこが面白いと思いますし、今までになかった作品だと思います。人によってキャラが変わったりしながら、事件を解決する。僕にとっても謎の男ですね。

志田未来さんは本当に頼りになる相棒です。かわいいやら頼もしいやら。キレ者の役でしたが、未来さん本人もキャリアが長いのでキレ者という感じ。凄みも感じられましたし。ご結婚もされてハッピーオーラのなか、すごく楽しく、気を遣うことなくやれました。

とにかく最近のスペシャルドラマのなかでは群を抜いて面白いと思います。『僕(ユースケ)が主役だから見ない』というのはやめて欲しいですね(笑)。思わず引き込まれてしまう展開ですので一回見て欲しいです。見たら気に入ってくれると思います」

※番組情報:日曜プライム ドラマスペシャル『警部補・碓氷弘一 ~マインド~』
2018年11月25日(日)夜9時放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事