テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

米倉涼子・林遣都ら、パワハラ疑惑の斉藤由貴を弁護!菜々緒が音声データで対抗

米倉涼子演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描くドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

©テレビ朝日

好スタートを切った同作の第2話が、10月18日(木)に放送される。

翔子率いる「京極法律事務所」は、身に覚えのないパワハラ疑惑で取締役を解任されたという永島美鈴(斉藤由貴)を弁護することに。

だが、企業側を弁護する大手法律事務所の白鳥美奈子(菜々緒)は、パワハラ現場の録音データを盾に自信満々。誰もが美鈴の敗訴を確信するが翔子は釈然とせず、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示する。

◆第2話あらすじ

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。

女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。

納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。

知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。

©テレビ朝日

ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix& Temma法律事務所」を訪れる。

ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。

そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!

©テレビ朝日

しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

※番組情報:『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話
2018年10月18日(木)午後9:00~午後10:09(※15分拡大スペシャル)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事