テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

松島トモ子、母の認知症で自身はパニック障害…声も失う。壮絶な介護生活を告白

10月18日(木)に放送される『徹子の部屋』に、73歳になった女優で歌手の松島トモ子が登場する。

©テレビ朝日

4歳で映画デビューして以来、マネージャーとして松島の身の回りの全てを行い支えてきた母・志奈枝さんは97歳になった。

しかし2年前、95歳のときに突然認知症になり松島の生活は一変。とても穏やかだった母が急に暴れ出したり、実際にないものが見えるようになる幻視の症状が現れたりと、壮絶な介護生活の今を告白する。

©テレビ朝日

そして、母の認知症のショックで自身もパニック障害になった松島の元に、“芸能界の父”と慕う永六輔さんの訃報が届いたときは、2つの衝撃で一時声が出なくなり、大切だった歌が歌えなくなったと話す。

2年が経ち、ようやく様々なことに向き合えるようになったという松島。番組では、永六輔さんと母を思いながら『遠くへ行きたい』を熱唱する。

※番組情報:『徹子の部屋
2018年10月18日(木)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事