テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

宮本茉由、小日向文世に頭からワインをぶっかけられる!NGを出せない緊迫シーンに挑戦

米倉涼子演じるスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描くドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

©テレビ朝日

本作で華々しい女優デビューを飾り、翔子と対立する大手法律事務所の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の秘書・中沢淳美を演じている宮本茉由が、10月18日(木)放送の第2話で、小日向から赤ワインをかけられるという衝撃シーンに挑んだ

このシーンは、柔らかな物腰の奥に非情な顔を隠し持つ天馬に対し、淳美が“ある言葉”を投げかけるところからスタート。しかし、彼女の言葉が思わぬ導火線となり、天馬の怒りを買ってしまうハメに…。

◆撮影の日は「朝からドキドキ」

ひとたび赤ワインを浴びれば衣装も汚れるため、NGは許されない…。そんな表舞台・裏舞台ともに緊迫感漂うシーンに、女優デビュー作で挑むことになった宮本。

「もうその日は朝からドキドキで、現場に入った」という彼女だが、「現場でお話を聞いていると、小日向さんも緊張なさってたみたいで…。『小日向さんでも緊張なさるんだ!』と分かって、少しホッとした」そうだ。

©テレビ朝日

本番では新人女優とは思えない度胸のよさを発揮し、見事に一発OKを決めた。緊張の糸が切れた宮本は、「監督さんとハイタッチして撮影を終えました。うれしかったです」と話した。

視聴者に向けても「見終わった後に爽快な気持ちになると思いますし、とっても面白いと思うので、ぜひ見てください!」とメッセージを寄せている。

©テレビ朝日

また、小日向については「テレビなどで見ていて、とても素敵な俳優さんだと思っていたので、デビュー作で共演できると聞いてとってもうれしかったです。撮影現場でも最初から優しそうという印象を受けたのですが、撮影でお会いするたびに緊張気味の私に声を掛けてくださって、本当に天使みたいな方です!」と語っている。

心のオアシスともいうべき大先輩の胸を借りながら奮闘し続ける、彼女のフレッシュな芝居に期待だ。

※番組情報:『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話
2018年10月18日(木)午後9:00~午後10:09(※15分拡大スペシャル)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事