テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

M-1決勝進出率100%のフット岩尾、コンビの本音をコント中に吐露

さまざまな“あるある体験”を再現し、世間の人々が抱えている日頃の不平不満を笑いに変えて吹き飛ばそうというコントバラエティー番組『東京らふストーリー』

10月6日(土)、同番組がスペシャル版となって23時台に進出。これまでスタジオで芸人たちの再現コントを楽しんできた4人のMCが、今回のスペシャルではコントを熱演する。

©テレビ朝日

後藤輝基・岩尾望(フットボールアワー)、山崎弘也(アンタッチャブル)が同番組でコントに挑むのは初!

初回に続いて2度目のコント出演となる新井恵理那も体当たりの演技を披露しており、スペシャル収録後、4人がコント撮影のウラ話を語った。

 

◆豪華キャスト集結

今回のテーマは「私の身の回りのイラッとくる人」。

その再現コントにはMC4人のほか、かまいたち、小芝風花、小峠英二(バイきんぐ)、坂井良多(鬼越トマホーク)、関太(タイムマシーン3号)、ダイアン、滝沢カレン、西尾まり、バービー(フォーリンラブ)、ムーディ勝山、山本博(ロバート)ら豪華メンバーが総出演する(※50音順)。

彼らの熱演に、スタジオゲストのヒロミ、倉科カナ、足立梨花も大爆笑。いったいどんなコントが飛び出すのか?

 

◆フットボールアワーが超貴重なコント披露

なかでも注目なのは、“M-1決勝進出100%(4回出場中、4回決勝進出)”という記録を持ち、テレビでコントを披露するのは久しぶりだというフットボールアワー。

今回は、後藤が2本、岩尾が3本のコントに出演しているが、2人が顔を揃えたのは「噂話ばかりしている人」と題したコント。

女性社員にふんした岩尾たちが、後藤演じる“部長”の噂を暴露していくという設定で、岩尾が“現在のフットボールアワーのコンビ関係”について、自身の心情をやんわり吐露する場面も…!?

後藤は「すごく新鮮な感覚でしたね! テレビや劇場で披露するのは漫才がほとんどで、テレビでコントをやることはほぼありませんでしたから…。ゆる~く仕上がっておりますので、ぜひゆっくりご覧ください!」とコント収録の感想を語った。

岩尾もまた、「テレビでコントをやることはほぼないので、僕も新鮮でした。そこまで力を入れて見るコント番組ではないので、同じくゆる~く見てもらうのがいちばんいいかな!」と話した。

 

◆新井恵理那は「私の黒歴史」と反省!?

そんななかスタジオを騒然とさせたのが、新井が出演したコント「社内行事になると張り切る人」。新井は、“ひょっこりはん”や“ジョイマン”など宴会芸に全力を注ぐ女性社員を熱演し、“こんなに体を張った新井恵理那はココでしか見られない!!”と、一同驚愕。

しかし、「もっとうまくできている、と思っていた…」という新井はスタジオで自身のコントVTRを見て失望したらしく、「今回のコントは私の“黒歴史”。一生に一度のコントになるかもしれないので、ぜひご覧ください」とシュンとしながらPRした。

一方、アンタッチャブル・山崎弘也は、「自分のコントをスタジオで見るのは初めての経験でした。正直、ものすごく面白かったですね(笑)」と自画自賛で喜んだ。

※番組情報:『東京らふストーリー
【毎週金曜】深夜0:50~1:20、テレビ朝日系24局
※2018年10月6日(土)は夜11:15~でスペシャルを放送

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事