テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

前作から1年4か月ぶり、倉本聰が描く『やすらぎの刻~道』の撮影スタート

2019年4月から「テレビ朝日開局60周年記念作品」として送る、倉本聰氏作の帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』

このほど撮影がスタートし、前作『やすらぎの郷』以来、1年4か月ぶりに石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこの3人が撮影現場で勢揃いした。

また、テレビ局プロデューサー・財前役で柳葉敏郎がゲスト出演することとなり、3人とともに撮影に臨んだ。

©テレビ朝日

この『やすらぎの刻~道』は、2017年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化されていく――という内容。

菊村が筆をとりはじめた新たなドラマ『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に、昭和・平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、テーマは“ふるさと”。昭和初期からはじまり、戦中・戦後・平成という時代の移り変わりを1年間かけて丁寧に描いていく。

作品前半の主演は、清野菜名。そして、戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。

そんな新ドラマ『道』の展開とともに、『やすらぎの郷』の“その後”も合わせて描かれていき、前作でおなじみの真野六郎(ミッキー・カーチス)、高井秀次(藤竜也)らはもちろんのこと、さらなる名優たちも多数出演する予定だ。

◆石坂、浅丘、加賀が再び『やすらぎ』ワールドに!

2017年7月のクランクアップ以来、約1年4カ月ぶりにドラマの現場で顔を合わせた石坂・浅丘・加賀。

初日は台本で計8ページにもおよぶ長いシーンだったが、がっちりタッグを組んできた3人は息もピッタリ。新キャストの柳葉を交え、和やかなムードのなかそれぞれの演技を静かにぶつけあった。

本作は2クール放送だった前作の倍、放送期間が1年という超大作

1年間に渡って放送される帯ドラマは、NHKの連続テレビ小説『君の名は』(1991年4月1日~1992年4月4日)以来となるが、石坂は「この作品には、前作『やすらぎの郷』をご覧になった方が、その倍以上も楽しめるような“仕掛け”があるので、そこを味わっていただければ」と壮大な物語のみどころを語った。

※番組情報:帯ドラマ劇場 テレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道
2019年4年スタート!テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事