テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「カラコン論争」に新展開!マツコ&有吉が人生初のカラコンに自ら挑戦「すごく綺麗」

マツコ・デラックスと有吉弘行が、まるで天国に暮らす天使のように穏やかな気持ちでトークを繰り広げる(!?)かりそめ幸福感バラエティー番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』

5月3日(水)の放送では、マツコと有吉が40代半ばにして人生初のコンタクトレンズ、しかもカラーコンタクトレンズの装着に挑戦する。

©テレビ朝日

今回マツコと有吉がカラーコンタクトレンズをつけることになった発端は、4月19日(木)の放送でのできごと。

この日の放送で、アシスタントのテレビ朝日アナウンサー・久保田直子がカラーコンタクトレンズを着用しているとう事実が判明。「裸は見せられても、カラコンは取れない」と頑なな久保田アナと、「35歳の女性アナウンサーでカラコンなんて!」と否定的な見解のマツコと有吉のあいだで意見が真っ向から対立し、番組内外で大きな反響を呼んだ。

その際、最近視力が落ちたことを嘆き「コンタクトにしてみてもいいかな」と話していた有吉のため、今回はスタジオに眼科医と視力検査の機械が登場。有吉のために“初めてのコンタクトレンズ講座”が開催されることに。するとマツコが、「ふたり(有吉と久保田アナ)がカラコンして目が大きくなるのに、あたしだけ小さいのイヤじゃない!」と言い、かくしてマツコと有吉のふたりは人生初のコンタクトレンズ装着に挑戦することとなった。

©テレビ朝日

未体験のコンタクトレンズ着用に有吉は「怖い…」とビクビクし、度なしのレンズに挑戦するマツコも、「こんな、(レンズを)手に直接付けていいの?」と尻込み。眼科医のレクチャーを受けながら恐る恐るレンズを目に入れてみるものの、やはりなかなか思うようには入らず…。

そして、目の中でレンズがズレたりなどと試行錯誤を繰り返した末、ようやく装着に成功すると、ふたりともお互いの変貌ぶりに驚きの声を上げる場面も

©テレビ朝日

有吉は、黒目が大きく見えるものでクリクリとした目が可愛らしい印象に。マツコが選んだのは緑がかったレンズで、ドレスも相まってエキセントリックな印象に。お互いの姿を「かわいいじゃない」「マツコさん、すごく綺麗」とベタ褒めし合い、なんと、この日はカラコンを付けたまま収録を進行することになる

思いのほかカラコンを楽しんでいたふたりだが、あらためて「自分たちにカラコンは本当に必要なのか?」を考えることに。「カラコンを入れることで本当に盛れるのか?」「果たしてこの年齢で盛る必要はあるのか?」……3人は、このカラコン問題に答えを見出すことはできるのか?

 

※番組情報 『マツコ&有吉 かりそめ天国
2017年5月3日(水)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1