テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

miwaら登場で『関ジャム』アコギ特集!“奥さんのパンツが見えた瞬間”の音を実演

『関ジャム 完全燃SHOW』ではこれまでギター特集はやってきたが、そのメインはバンドでソロなどを弾く派手なイメージのエレキギターばかり。

そこで9月23日(日)に放送される同番組では、アコースティックギターをフィーチャー。その魅力とすごさに迫る。

©テレビ朝日

スタジオには、アコギ界のカリスマ・押尾コータロー、アコギ1本の弾き語りツアーを何度も開催しているmiwa、そして中島みゆきや平井堅ら一流アーティストを支えるギタリスト・古川昌義が登場。

今回は「プロが選んだ! いい味出してるアコギの名曲18選」を紹介しながら、「3フィンガー」「アルペジオ」「ネイルアタック」など、アコギならではの奏法も実演を交えて解説する。

押尾は、誰もが耳にしたことのある映画音楽をアコギ1本でアレンジ&実演。

一方、古川は過去に仕事で受けたムチャブリ・オファーを実演してくれることに。「洗濯物を干す奥さんのパンツが見えなさそうで見えた瞬間をジプシー・キングスっぽく」「自転車が坂道を走り、急ブレーキで止まるシーンにつける音楽」という無茶なオーダーを受け、古川がアコギ1本で生み出したメロディーとは一体?

そして、番組恒例の“ジャムセッション”では、押尾×miwa×古川×関ジャニ∞(錦戸亮=ボーカル&ギター、丸山隆平=ベース、大倉忠義=ドラム)で、アコギの名曲『歌うたいのバラッド』(斉藤和義)を披露する。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2018年9月23日(日)午後11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事