テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

松嶋菜々子主演・ドラマSP『誘拐法廷』、豪華キャストが一堂に会す

10月7日(日)に放送される松嶋菜々子主演のドラマスペシャル『誘拐法廷~セブンデイズ~』

本作は、韓国で大ヒットを記録した映画『セブンデイズ』の日本版ドラマ。松嶋は有能な母親弁護士・天吹芽依子を演じる。

芽依子はある日、最愛の娘を誘拐した犯人から「殺人罪で起訴された、限りなくクロと思われる被告人・国光の無罪を勝ち取ること」を要求される。しかも、タイムリミットはわずか7日間…。

娘を奪還すべく、弁護士の倫理に抵触しかねないギリギリのラインで証拠集めに奔走する芽依子。“母性”と“倫理”、“無数のどんでん返し”がめまぐるしく交錯する《ノンストップサスペンス》を繰り広げる。

そんな彼女とタッグを組んで裁判に挑むのが、関ジャニ∞の丸山隆平演じる怪しげな国選弁護人・宇津井秀樹だ。

さらに同作には、杉本哲太、八嶋智人、風吹ジュンら錚々たる面々が出演する。

©テレビ朝日

主人公・芽依子と離婚協議中の夫・相澤吾郎を演じるのは杉本哲太。警視庁の幹部でもある相澤だが、よもや芽依子が“娘の誘拐”という一大事にひとりで立ち向かっているとはつゆ知らず、芽依子と対峙していく。

また、裁判で芽依子と火花を散らす検事・一ノ瀬誠を八嶋智人が熱演。一ノ瀬はこれまで有能な芽依子に惨敗を喫しており、並々ならぬ敵対心を抱く人物。今度こそ負けない…と裏でよからぬ動きを見せる。そんな一筋縄ではいかない芽依子の“敵”を、八嶋が巧みな演技で立体化する。

そして、同じ母親という立場から芽依子と対立する高嶺文子に扮するのは風吹ジュン。文子は、芽依子が誘拐犯との取引で担当することになった殺人事件で命を奪われた被害者の母親だ。被告人を無罪にしようとする芽依子、かたや娘の無念を晴らすため被告人への厳罰を切望する文子…。2つの母性のぶつかり合いを、風吹が鬼気迫る芝居で盛り上げる。

さらに、芽依子に協力する同じ法律事務所の面々には飯豊まりえ・でんでん、芽依子が娘を奪還するために弁護する殺人事件の被告人には柄本時生、芽依子をさまざまな角度から撹乱する人物に柾木玲弥伊武雅刀らがキャスティングされた。

幅広い世代の実力派が一堂に会し、ノンストップの豪華芝居合戦を繰り広げる。

※番組情報:ドラマスペシャル『誘拐法廷~セブンデイズ~』
2018年10月7日(日)午後9:00~午後11:09放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事