テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

デザイナー・山本耀司が世の女性に伝えるメッセージとは?

表現者たちが今伝えたい「何か」を、時間と空間という制約のなかで自由に表現する番組『白の美術館』。5月1日(月)にBS朝日で放送される同番組には、デザイナー・山本耀司が登場する。

©白の美術館

この番組は、テレビ朝日で放送中の同名番組と連動。限られた時間では伝えきれない表現者の思いや日常を追い、より立体的に“表現者の今”を描き出す。

“表現者”たちは番組から与えられた1時間という限られた時間のなかで、壁も天井も真っ白で無機質な部屋に必要なものを自ら持ち込み、自由に何かを“表現”する。

©白の美術館

今回、番組に登場する世界のトップデザイナー・山本耀司は、“黒の衝撃”と称されたデザインでファッション界に革命を起こした人物。そんな彼がこの白い部屋で“表現”するのに選んだのは、「デッサン」だ。

実は幼少時代から絵描きになりたかったという山本は、およそ2メートルもの巨大なキャンバスに、赤・青・黒の画材を使って描いていく。

女性服を作り続ける山本耀司が、今、世の女性に対して伝えたいメッセージ、そして、そのデッサンに込めた思いとは?

※番組情報:『白の美術館
2017年5月1日(月)午後11:00~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1