テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

50年前の連続射殺事件再び?!『刑事7人』第9話、模倣犯から国家への挑戦状か

主人公・天樹悠(東山紀之)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていくドラマ『刑事7人』

©テレビ朝日

9月5日(水)に放送される同作第9話は、天樹悠(東山紀之)が50年前のある事件調書を吸い寄せられるように見ている場面から始まる。

それは、銃を盗んだ男が立て続けに4人を射殺して逮捕された事件。犯人は犯行の事実以外、一切を黙秘したまま死刑になっていた。

そんな折、巡査が銃を奪われて銃殺される事件が発生する。50年前の事件に近い匂いを感じた天樹は、“模倣犯”だと推理。当時犯人の精神鑑定を行っていた医師に接触するのだが、なぜか彼は固く口を閉ざしてしまう――。

 

◆第9話あらすじ

刑事資料係の天樹悠(東山紀之)が一人、吸い寄せられるように「広域重要指定第108号」と書かれた一冊の古い資料を読んでいる。

それは50年前に中山俊夫(野澤剣人)という男が盗んだ銃で立て続けに4人を射殺して逮捕された事件。中山は犯行の事実は全て認めたが、それ意外は一切を黙秘したまま死刑になっていた。

そんな折、北新宿署地域課の三好達也巡査(国枝量平)が銃を奪われた上に銃殺される事件が発生。捜査一課総出の捜査になる。

銃弾が2発使われていたことから、捜査本部は警察に怨恨などの悪感情を抱いている者と想定。だが現場に臨場していた海老沢芳樹(田辺誠一)がそれとは違う見立てをし、片桐正敏(吉田鋼太郎)の判断で専従捜査班は一課とは違う線で同事件を追うことを決める。

©テレビ朝日

水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)は三好巡査がつけていた捜査日誌を基に、日頃彼と接点を持っていた人々に接触。ホストやシングルマザー、ネットカフェ住民らに話を聞く。

一方、天樹は片桐に「模倣犯だってことはないでしょうか」と指摘。その彼が手に持っているのは、あの「広域重要指定第108号」だ。中山は最初にガードマンに発砲した3日後に、今度は神社の守衛を撃って殺害していた。

そこへ、新たな犠牲者が出たとの報告が入る。撃たれたのは公園の守衛。50年前は神社の守衛、今の事件では公園の守衛…。ますます模倣犯の可能性を考える天樹は、堂本俊太郎(北大路欣也)の紹介で、50年前に中山の精神鑑定を行った医師・右川(津嘉山正種)に会いに行く。

現在は町医者として過ごしている右川。天樹を招き入れた右川は、彼から中山の名前が出た途端、硬い表情になり口を閉しまい…?

果たして天樹たちは、連続射殺事件を食い止めることができるのか? そして、犯人の目的とは一体―?

※番組情報:『刑事7人』第9話
2018年9月5日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1