テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

名取裕子、最新作でやりたかったのは「昔に戻って夫婦で協力」【法医学教室の事件ファイル】

「土曜ワイド劇場」枠を中心に長年に渡って好評を博してきた名取裕子主演の人気シリーズ『法医学教室の事件ファイル』。その最新作である第44弾が、8月12日(日)に放送される。

©テレビ朝日

第44弾となる最新作は、主人公・二宮早紀(名取裕子)が運転する車の中で若い女性が“溺死”するという衝撃的なシーンで幕を開ける。

中学時代の同級生・倉重啓司(益岡徹)が事件に絡んでいることも発覚し、刑事の夫・一馬(宅麻伸)と力を合わせて事件の真相に迫る早紀。しかし2人の前には、キャリア志向の新署長・玉田元子(高岡早紀)が立ちはだかって…。

 

◆初心に戻って夫婦2人で協力「なんだか懐かしい気持ちに」

©テレビ朝日

1992年から26年間に渡りヒロイン・早紀を演じてきた名取に本作のみどころを聞くと、開口一番「今回やりたかったのは、昔に戻って夫婦2人で協力して事件を解決すること!」と告白。

「シリーズがはじまった当初は、忙しい仕事を抱えながらも早紀は着替えを届けたり、大好物のエビフライを入れたお弁当を差し入れしたりしながら、夫婦2人でやり取りして事件の謎を解く、ということをやっていたんです。いつしかそういう場面が少なくなっていたのですが、今回は初心に戻ってお弁当を届けたり、2人で事件について考えて行動したり…ということに取り組みました。なんだか懐かしい気持ちになりましたね!」

こう名取が語るとおり、早紀と一馬は後半、シリーズでは珍しく2人で行動をともにし事件の謎に迫っていく。

はたして、夫婦が辿り着いた驚愕の真相とは…!?  そして今回、一馬の大好きなエビフライ弁当は登場するのか? 複雑に入り組んだ事件の謎とともに、早紀&一馬の“夫婦力”にも注目だ。

 

◆「視聴者の皆さんと一緒に歳を重ねるドラマでありたい」

©テレビ朝日

また名取は、「このシリーズでは視聴者の皆さんと一緒に歳を重ね、同じような悩みに直面しながら進んでいきたいと思っています」と26年間作品に込めてきた思いを打ち明ける。

「視聴者の方々は夫婦のふれあいや協力、そして家庭でのコミカルな部分も楽しんでくださっていると思います。この作品をご覧になった方が、“家族も仕事も大事にしていこう”“夫婦で仲良く協力するのもよいものだな”と思っていただけたらうれしいですね」と、名取は語る。

©テレビ朝日

さらに名取は、以下のようにコメントを寄せた。

――最新作のみどころを教えてください!

「今回、私がやりたかったのは、“昔に戻って、夫婦2人で協力して事件を解決すること”!

このシリーズがはじまった当初は、忙しい仕事を抱えながらも早紀は“旦那さま”のことを考えて着替えを届けたり、大好物のエビフライを入れたお弁当を差し入れしたりしながら、2人で現場を再現したり捜査についてやり取りして事件の謎を解く、ということをやっていたんです。

いつしかそういう場面が少なくなっていたのですが、今回は初心に戻ってお弁当を届けたり、2人で事件について考えて行動したり…ということに取り組みました。なんだか懐かしい気持ちになりましたね!

この『法医学教室の事件ファイル』は、もちろん手に汗握るミステリーなのですが、早紀と一馬はどこか“理想の夫婦”みたいなところがあるので、視聴者の方々は夫婦のふれあいや協力、そして家庭でのコミカルな部分も楽しんでくださっていると思います。

この作品をご覧になった方が、“家族も仕事も大事にしていこう”“夫婦で仲良く協力するのもいいものだな”と思っていただけたらうれしいですね。また、日曜夜の放送なので、翌日からの皆さんのエネルギー源となるような作品になればいいですね」

――豪華ゲストと共演した感想は?

「今回は『京都地検の女』で共演してきた益岡徹さんがゲストとして出てくださって、気持ちが入りやすかったですね。横浜東署の新署長役で、高岡早紀さんも出演してくださっています!

また、早紀の研究室のメンバーも新たに若返りました。まだ撮影に慣れず、右往左往したところもあったのですが、これからもっともっと活躍してもらって、永岡くん(本村健太郎)に続く、“実験君2”も登場してもらわないとね(笑)」

――26年間、歴史を重ねてきたシリーズですが、今後はどのように進化していきますか?

「このシリーズの舞台は横浜ですが、26年の間にどんどん整備されて景色も変化し、シリーズがはじまった頃とは街自体が変わったなという気がします。時代とともに街が変わっていくように、このシリーズは視聴者の皆さんと一緒に歳を重ね、同じような悩みに直面しながら進んでいきたいなと思っています。

今回は“宅ちゃん(=宅麻伸)”がロマンスグレーの髪になって登場しますし、15歳から息子の愛介役を演じている佐野和真くんもすっかり大人っぽくセクシーになっちゃいました(笑)。

そういう意味ではドラマも歴史を重ねて、“熟年”に向かってきたのかな、と…。だから、いつか一馬が定年を迎えたり、早紀に孫が生まれておばあちゃんになったりしてもよいのではないかなと思うんです。姑・早紀が孫を挟んでお嫁さんとバトルする…なんていうのも、面白そうですよね(笑)」

※番組情報:日曜プライム  ドラマスペシャル『法医学教室の事件ファイル』
2018年8月12日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事