テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ハゲタカ』第2部へ突入!綾野剛と高嶋政伸の“企業買収合戦”がスタート

綾野剛が 企業買収のスペシャリスト・鷲津政彦に扮し、「ハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収し再生していく様を描く木曜ドラマ『ハゲタカ』

8月9日(木)に放送される第4話より、同作は第2部に突入する。

©テレビ朝日

物語の舞台は2010年。名実ともに日本最強の「企業買収者」となったハゲタカ・鷲津が狙うのは、国内有数の総合電機メーカー「あけぼの」だ。

しかし、その動きを察知したかのように、因縁の相手・芝野(渡部篤郎)が「あけぼの」の再生担当役員に就任する。さらにPCメーカー「ファインTD」のカリスマ社長・滝本(高嶋政伸)も「あけぼの」買収に動き始め…?

 

◆第4話あらすじ

©テレビ朝日

鷲津政彦(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島亮介(小林薫)が失脚してから9年――ホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー「あけぼの」の買収を画策していた。

その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野健夫(渡部篤郎)が「あけぼの」の再生担当執行役員に就任。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。

経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。佐伯宗徳(杉本哲太)、中延五朗(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン・フジタ(池内博之)だけは、その判断に反発を示す。

©テレビ朝日

そんななか、PCメーカー「ファインTD」の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が「あけぼの」買収に動き始める。「ファインTD」を一代で大きく成長させた滝本は、日本屈指のカリスマ経営者として名を馳せていたが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。

大手の「あけぼの」を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうとする滝本。「あけぼの」に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると「TOB(株式公開買い付け)」、すなわち敵対的買収を仕掛ける、と宣言する!

滝本が「あけぼの」に接近していることを知った鷲津は、その背後にある企業が潜んでいることを突き止め…!?

※番組情報:木曜ドラマ『ハゲタカ』第4話
2018年8月9日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事