テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

BLUE MAN GROUP、最新&最大のショー!スケールアップしたワールドツアーが日本初上陸

2007年から2012年の間に、通算1,388公演、動員数80万人を記録した異次元の“アート・パフォーマンス・エンターテインメント” BLUE MAN GROUPが、来年2019年に再度来日することが決定。スケールアップした“ワールドツアー”として日本初上陸し、2019年5月に東京、6月に名古屋と大阪で公演を行う。

©テレビ朝日

BLUE MAN GROUPはアート、音楽、コメディー、テクノロジーを、人と人とのつながりと興奮に昇華させるパフォーマンス・ショー。「ブルーマン」の名の通り、3人の青いパフォーマーがオリジナル楽器を用いたハイクオリティなサウンドにあわせて披露するパフォーマンスは、一見コミカルに見えるが、実は高度に計算されている。言語、人種、文化、性別、世代を超越した世界観を持ち、観客を巻き込みながら繰り広げられる予測不能なショーは、世界中の誰もが「直感的に」受け入れることができる、まさに「体感型」のエンターテインメントだ。

©テレビ朝日

日本では2007年に「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」として、異例の専用劇場でのロングラン公演をスタート。2009年11月に千秋楽を迎えた後、翌2010年4月には早くも再公演を実施している。

©テレビ朝日

前回の来日時は「日本版特別公演」という位置づけであったが、今回は正真正銘「正規のワールドツアー」が日本初上陸となる

ニューヨークのオフブロードウェイで28年目をむかえるBLUE MAN GROUPの大人気コンテンツに、新しい音楽、ストーリー、オリジナル楽器、最新鋭テクノロジーを加える今回の公演は、つねに変化し続けるブルーマンの最新&最大のショーと言えるだろう。

◆「ワールドツアーを日本の人々にも見てもらえることを心から誇りに思う」

©テレビ朝日

また、BLUE MAN GROUPの共同創立者であるクリス・ウィンクは「ブルーマンと呼ばれる、このイノセントで面白そうなキャラクターを中心としたパフォーマンスを作り始めたころは、彼が私たちをここに連れてこようとは夢にも思わなかった。ワールドツアーを日本の人々にも見てもらえることを心から誇りに思う」と話している。

さらに、もうひとりの共同創立者であるフィル・スタントンはつづけて、「それは、私たちが『人が生来備える、繋がりたい欲求』に興味を持ち続けてきたからだろう。ブルーマンのキャラクターは、あらゆる年齢、文化、国の人々につながることができるんだ。ブルーマンの普遍的なメッセージ『最高に楽しみ興奮する喜び』はどんな人にも共感できるから」とコメントしている。

 

※イベントの詳細は、こちら!

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事