テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

夏の六本木・毛利庭園。その美しさを「インスタ映え」という言葉を使わずに表現したい

東京・六本木の名所、毛利庭園。

六本木ヒルズの中、テレビ朝日本社の隣に位置し、普段は大都会の中で自然の魅力を放つこの場所が、2018年夏の“夜”はカラフルで幻想的な「飲める」オアシスになっています。

©テレビ朝日/テレ朝POST

7月14日(土)にスタートし、8月26日(日)まで開催されるテレビ朝日・六本木ヒルズ全域を舞台にした大型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」

同イベントの期間中、毛利庭園には特別な水上テラスが登場!

©テレビ朝日/テレ朝POST

©テレビ朝日/テレ朝POST

7/12(木)~7/26(木)までの期間、ここでは、爽快なキレと香りが特徴な夏にぴったりの“ビームハイボール”が楽しめる「水上ハイボールフェス」がオープン!

ビームハイボールのすっきりとした味わいに合うバラエティ豊かなアラカルトフードも揃い、この夏いちばんの素敵な夜が過ごせること間違いなしのスポットとなっていますが、それを大いに手伝うのが、庭園全体を彩る幻想的なライトアップです。

 

◆美しいライトアップが登場!

さて、「2017ユーキャン新語・流行語大賞」にも選出された言葉といえば、“インスタ映え”。

日常会話から各メディアまで、あまりにも頻用されすぎているため、もはや改めて使うのに照れ臭さすら感じてしまう言葉になっていますね。

だから、本当は“インスタ映え”と言ってしまえば非常に短く済ますことができるかもしれませんが、本記事では今年の毛利庭園の魅力を“インスタ映え”という言葉を使わずに紹介してみましょう。

©テレビ朝日/テレ朝POST

どうですか! この、光に包まれ、ここを背景に写真を撮ってSNSにアップすれば多くの“いいね!”が付きそうな光景は!

©テレビ朝日/テレ朝POST

緑・青・紫・ピンク…とさまざまな色に光る木々はあまりにも美しく、気持ちいい夜風ともあいまって、座って見ているだけで幻想的な気分になります。

©テレビ朝日/テレ朝POST

訪れた“テレ朝公式ウォッチガール”の河西歩果さん(左)と楫真梨子さん(右)も、

「ここ、あの写真や動画を共有するSNSにアップしたら、“映え”そうだねぇ」
「ああ、あの“I”から始まるSNSね!」

と言っているとかいないとか。

 

◆あのハートのオブジェも幻想的!

毛利庭園といえば、見ると思わず写真を撮ってFacebookやTwitter、その他大手SNSにアップしたくなるハート形のオブジェ「Kin no Kokoro」が有名ですが、同スポットも現在はこの通り!

©テレビ朝日/テレ朝POST

©テレビ朝日/テレ朝POST

まさに、“その他大手SNS映え”の一言! 2018年の夏にしか撮ることのできない、特別な1枚がおさめられます。

 

◆気になる虫対策もバッチリ!

©テレビ朝日/テレ朝POST

と、ここまで複数枚の写真で2018年夏の毛利庭園の魅力を紹介してきましたが、少なからぬ人は「虫がたくさんいそう…」と気になっていることでしょう。

しかし、ご安心を! 水上テラスでは今回、かなり綿密に虫対策を行っているとのことで、深いソファでゆったりと、ハエは気にせず、“映え”だけを気にしてビームハイボールを愉しむことが出来ます。

©テレビ朝日/テレ朝POST

「このロケーションで、500円でメガサイズのハイボールが飲めるって、ものすごいおトクですよね!」とは、実際に河西さんと楫さんが口にしていた感想。

あまりよく覚えていませんが、彼女たちの口からは「なんとかスタ映え」というワードも何回か出ていました。

©テレビ朝日/テレ朝POST

この夏、昨年からさらに進化した六本木ヒルズの毛利庭園。

更新され続ける“東京の夏の夜の最先端”を体験しないなんて、考えられない! いますぐ気の合う仲間や大好きな人を誘って訪れる予定を立ててみては?<撮影:長谷英史、モデル:河西歩果、楫真梨子>

※「水上ハイボールフェス presented by JIM BEAM
開催期間:7月12日(木)~26日(木)
場所:六本木ヒルズ 毛利庭園 特設水上デッキ
営業時間:
平日・土・祝前日 11:00~23:00(22:30ラストオーダー)
日・祝日 11:00~22:00(21:30ラストオーダー)

※7月28日(土)~8月26日(日)は、東京カレンダー監修のオシャレな「TOKYO BEER TERRACE」に装いチェンジ! こだわりの素材・製法・注ぎ方によって実現した“神泡”の「ザ・プレミアム・モルツ」が愉しめます。

LINE はてブ Pocket +1