テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

オリラジ中田の『しくじり先生』“神”授業が再び!「過去一の授業」と自身も太鼓判

AbemaTV(アベマTV)で毎週日曜よるに放送中の「バラエティーステーションpresented by テレ朝」、略して“バラステ”に、あの『しくじり先生 俺みたいになるな!!』が登場!

7月1日の日曜よる9時から、『しくじり先生 俺みたいになるな!! CLASSIC』として放送される。

今回は「CLASSIC」の名の通り、同番組レギュラー放送時に反響が大きかった“先生”たちによる伝説の授業の数々が登場。カットされてしまった未公開映像を大幅にプラスし、“完全版”として再編集し放送する。

©AbemaTV

今回は3人の先生が登場するが、そのうちの1人は、同番組でいくつもの“神授業”を行ってきたオリエンタルラジオの中田敦彦先生。

授業を受けたオードリー・若林正恭が、「まるで“あっちゃんLIVE”!スタジオに充満する熱量は、ものスゴかった。改めて、あっちゃんのプレゼン能力はスゴイなと思いました」と感銘を受けた伝説の授業が放送される。

 

◆中田敦彦先生「自分でも引いてしまうぐらい緊張」

今回の授業の特徴は、“一般開放授業”であること。本授業は、番組史上初めて、一般から公募し厳正な審査によって選ばれた塾生を教室に招いて行われた。中田自身、これについては「これまでにないぐらい緊張した」と振り返っている。

©AbemaTV

さらに、「一般参加の塾生さんを入れるというイレギュラーなことをやってみたものの、いったいどうなるのかなと…。期待ももちろんありましたが、自分でも引いてしまうぐらい緊張してしまって、本番前、いつもよりちょっと多めに練習しました(笑)」と続けた中田。

番組出演者の平成ノブシコブシ・吉村崇も「あっちゃんが緊張していたのは、よくわかりました。楽屋から練習の声が聞こえてきましたから!」と“証言”しており、中田自身かなり気合いを入れた授業だったことが伝わってくる。

 

◆テーマは、伊能忠敬。中田は「“過去一”の授業」と自信

そんな授業で取り上げたテーマは、「伊能忠敬」。

中田は同番組の中で、マルクスやアインシュタイン、リンカーンなど、偉人の生涯から学ぶべき教訓をひも解く“神授業”シリーズ「しくじり偉人伝」を行ってきたが、今回の“伊能忠敬”編は、シリーズで初めて日本の偉人について掘り下げた授業となった。

©AbemaTV

江戸時代の商人であり、測量家の伊能忠敬。広くは、初めて正確な日本地図を作成した人物として知られている。

彼は55歳から日本各地を歩いて測量を開始したが、なぜその年齢まで夢を追うことができなかったのか…。中田はそこに、伊能忠敬の性格が大きく関わっていると分析した。はたして、伊能忠敬の“しくじり性格”とは? そして、伊能忠敬の生涯から中田が導き出した教訓とは?

オードリー若林は授業後に、「伊能忠敬は50歳を過ぎてからやりたいことに挑戦した人物でしたが、授業中、“自分がやりたいことって何だったっけ”と心がゾワゾワしました。“自分がやりたいこと”すら忘れていたかもしれないなと思ったり、自分で自分の気持ちを把握するのは意外と難しいことなんだなとも実感しました」とその感想を語っている。

©AbemaTV

そして中田自身は、授業を終え、「とにかく今回の授業はとても興味深いですし、笑えます!先生も生徒も今までにない熱量で、すごくノッてる授業でした。“過去一”の授業になりましたので、ぜひご覧ください」と自信たっぷりにコメント。

地上波では時間の関係で泣く泣くカットしたという中田による深い“考察”なども追加された完全版の授業、必見だ!

©AbemaTV

なお、『しくじり先生 俺みたいになるな!! CLASSIC』ではこのほか、ファッションモデルでタレントのアンミカが「スパイに騙されて1000万円取られちゃった先生」として登場した授業の再編集“完全版”を放送。

さらに、深夜番組時代に放送され、ネット上で「神回すぎる!」と大反響を巻き起こした“失言し続けてしまった先生”こと杉村太蔵による伝説授業も登場。未公開部分を含め再編集され、AbemaTVオリジナルとして放送される。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!! CLASSIC
7月1日(日)よる9時~深夜0時 AbemaTV・AbemaGOLDチャンネルで放送

LINE はてブ Pocket +1