テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

椎名桔平、長かった下積み時代を振り返る。役者としての転機は映画『ヌードの夜』

いま一番聞きたいあの人の言葉を心の奥底から引き出すインタビュー番組『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』(BS朝日)。

©BS朝日

6月30日(土)に放送される同番組には、あらゆる作品でさまざまな役を演じ、実力派俳優として活躍し続ける椎名桔平が登場。若き日の葛藤や現在の仕事について聞き、その素顔に迫る。

 

◆サッカーに熱中していた学生時代

椎名桔平は、1964年7月14日、三重県伊賀市生まれ。子どもの頃からサッカーに熱中し、中学生のときは全国大会に出場、高校生のときは国体選手にも選ばれる実力者だった。

青山学院大学に進学後もサッカーを続けたが、心のなかには「このままサッカーを続けて良いのか、他に何かあるのではないか」という漠然とした思いがあったという。そんな椎名に転機が訪れたのは、大学2年の春のこと。何気ない自分の行動で、続けてきたサッカーとすっぱり縁を切ることになる。一体何があったのか?

そしてサッカーから離れ、役者の道を歩き始める。しかし、何の経験もない椎名に仕事などあるはずがなく、20代の大半を下積み生活に費やすことに。そんな下積み時代のなかで、椎名はアメリカ・ニューヨークに渡る。いま振り返れば笑い話のようなその記憶を、恥ずかしがりながら語ってくれた。

 

◆役者としての大きな転機、映画『ヌードの夜』

役者として大きな転機となったのが1993年の映画『ヌードの夜』。竹中直人、根津甚八、余貴美子ら大先輩の主要キャストの中に椎名桔平は大抜擢され、その演技は多くの映画関係者から高評価を受けた。椎名は当時を振り返り、竹中直人ら大先輩との思い出を回顧する。

『ヌードの夜』での高評価は、椎名を一気に人気俳優へと押し上げる。さらにNHKの連続ドラマや月9と呼ばれるトレンディードラマへの出演で、椎名桔平の名は一躍全国区となった。その過程で椎名は何を思っていたのか、今だから語れるエピソードとは?

椎名は現在、7月20日から始まる舞台の稽古に取り組んでいる。かつて、ダスティン・ホフマンとトム・クルーズが出演した映画『レインマン』を舞台化した作品だ。他人同然に生きてきた兄と弟の出会いによって変化してゆくそれぞれの人生を描きだすストーリーのなかで、椎名は自閉症の兄を演じる。

本番が迫るなか、舞台に臨む役者の心理とは一体どのようなものか…椎名の本音が漏れる。

間も無く54歳。渋みを増していく俳優・椎名桔平の真の姿とは? 真摯に語るその姿に答えが見えてくるはずだ。

※番組情報:『ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~
2018年6月30日(土)午後6:00~午後6:55、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1