テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

逃げる三田園を麻琴(剛力彩芽)が追う!『家政夫のミタゾノ』最終回で2人に何が…

松岡昌宏扮する女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』

同作が、6月8日(金)ついに最終回を迎える。

©テレビ朝日

◆三田園、逃げる!麻琴、追う!

スカートとエプロンをたくし上げ、おなじみの“ミタゾノ走り”で荒野を風のように駆け抜ける三田園。そして、その後をまるで三田園を模するかのようにエプロンをたくし上げ、追う麻琴(剛力彩芽)――鬼気迫るふたりの表情はいったい何を物語っているのだろうか?

麻琴の家庭は昔、“ある家政婦”によって壊されていたというのは既報の通り。最終話では、その家政婦が三田園だったのではないかという疑惑が浮上する。

三田園と自分を取り巻く“因縁”に気付いてしまった麻琴が、三田園を仕留めようと追いかけ、あと一歩で追い詰める寸前…というシーンに見えなくもないが…。

はたして、三田園と麻琴の関係はどのような局面を迎えるのか!? 4月期、毎週金曜の夜を彩ってきた名コンビの活躍もついに今夜見納めだ。

※番組情報:『家政夫のミタゾノ』最終話
2018年6月8日(金)午後11:20~0:20、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket +1