テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

TKO木下、母が恥ずかしエピソード暴露「中3まで一緒に就寝」「二の腕ずっと…」

日本でトップクラスのキッズアスリートやさまざまな分野の天才を育成した人物を取材し、天才を育てるメソッド=“ソダテルメソッド”を検定(クイズ)形式で紹介していく番組『日本ソダテル検定』

©テレビ朝日

4月22日(土)に放送される同番組では、我が子を東京大学に合格させた“東大ママ”たちの実体験にもとづく“ソダテルメソッド”が紹介されるほか、天才児を続々と輩出する人気そろばん教室や天才卓球少年の日常にも密着。

番組には、林家喜久蔵と父の林家喜久扇、TKO・木下隆行と母の木下定子さん、スザンヌと母のキャサリン、パンサー・向井慧と父の向井清史さんの4組が登場。子どもを一流芸能人に育てあげた親たちが“ソダテル検定”に挑戦し、芸能人の子どもたちはその“応援役”として親の奮闘を見守る。

©テレビ朝日

それぞれ子育てエピソードを語る際、TKO・木下の母が息子と中学3年生まで一緒に寝ていたことや、彼が寝るときに母の二の腕の辺りをずっと触っていたことなど、超マザコンエピソードの大暴露に木下が冷や汗タラタラで困りはてる場面も。

 

◆東大が滑り止め!天才息子を育てた方法とは?

そして、子どもを東大に入れたママたちのソダテルメソッドを紹介するコーナーでは、東大が滑り止めだったという長男を育てた“小成ママ”が登場。

日本最高峰の東大がまさかの滑り止めで、本命は世界大学ランキング15位のアメリカの名門イェール大学。「将来の人脈づくり」を目的に東大には4カ月だけ通った長男は、イェール大学の入学時期となる8月に同大学に入学したそうだ。

そんな超グローバル息子を育てたソダテルメソッドとは?

 

◆未来のメダリスト育成法とは?

さらに、この日の放送では全日本選手権1年生から3年生までの部で3年連続優勝し、小学4年生以下では日本一強いという卓球少年の松島輝空くんも紹介。

目標はオリンピックで金メダルという彼の家庭は、両親も全日本選手権に出場した卓球一家。そんな彼の日常に密着し、尋常ではないハードな練習と厳しい指導の中にも愛情を伝える方法や、子ども自身が「絶対に勝つ!」という心を育てる方法など天才アスリートの育て方を探る。

 

※番組情報 『日本ソダテル検定
2017年4月22日(土)午後2:55~午後4:25、テレビ朝日(※関東ローカル)

LINE はてブ Pocket +1