テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

どこまで本音?『特捜9』吹越満&田口浩正、新人・山田裕貴を褒め倒す!【後編】

4月クール連続ドラマの視聴率で首位を獲得するなど、好調を続ける井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9』(とくそう・ないん)。

主任の浅輪直樹(井ノ原)を中心にますます結束も固まっている様子の特捜チームだが、お馴染みのメンバーの中で張り切って活躍しているのが、新メンバーである若手刑事・新藤亮だ。

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

そんな新藤刑事を演じる人気急上昇中の若手俳優・山田裕貴が、特捜チームの名物コンビ、矢沢(田口浩正)&青柳(吹越満)と繰り広げる鼎談の後編(※前編はこちら)。先輩コンビのペースに持っていかれながらも、山田にとって嬉しい言葉も飛び出して…。

 

◆役は変わらなくても気持ちは変わる

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

山田:「おふたりのシーンは、いつもすごいなって思うんです。現場でもそうですけど、オンエア観てるときも、“ここはこうなったんだ”っていう発見みたいなものがあって。計算されていますけど、荒波のようなやりとりが好きで」

吹越:「荒波(笑)」

山田:「ずっと自由に役を作っていらっしゃる感じは変わらない印象があるんですが、今回『特捜9』になって僕や寺尾聰さんが入ってきたことで、何か変化みたいなものはありましたか」

田口:「うーん。関係の変化とか、別にないかな。あんまり変わってないよね」

吹越:「そうだね、このへんのメンバー(矢沢・青柳)は、やり方も変わってないし。登場人物の関係の中でも、位置的な変化がない。今までも下に浅輪(井ノ原)がいたからね。下も上もいるから、そのあたりは特に変化がない。でも浅輪(井ノ原)は、自分の下の人間が出来て変化したから。それを見るキャラクターとして、やり方は変わらないけど気にすることはひとつ増えたかな。主任というポジションを突っ込むとか、芝居上の方向性は増えたよね」

 

◆小宮山&村瀬ペアを意識?

山田:「個人的にも、おふたりの芝居が好きなので、いつも楽しくて」

吹越:「それ、小宮山(羽田)さんと村瀬(津田)さんとのトークでも言ったんだろ」

田口:「うん、そういうの、みんなに言うんでしょ?(疑惑の目)」

山田:「いや、“いつも笑顔にさせてもらってます”みたいな話をしましたね。おふたり(田口・吹越)は、独特の雰囲気でシーンをサクッと軽快に割くような感じがあって。それが、急にシリアスに戻る。そういうメリハリみたいなところが見ていて楽しいんです」

吹越:前回の取材で、ふたり(羽田・津田)と写真撮るのを見てたけどさ。3人並ぶと完璧に親子だよね。新しいスーツ着た子供と親の3人で入社式に来た、みたいな感じ(笑)」

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

田口:「へー(笑)」

山田:「自分の母親がちょっと羽田さんに似てる気がするんです。天然な感じとか」

田口:「お父さんも天然なの?」

山田:「うーん、どうですかね。父は津田さんとも違うかも…」

 

◆山田は「ライバル」であり「同業者」

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

山田:「おふたりにとっては、僕はどんな感じに見えてますか。息子ではないですよね?」

吹越:「そうだねえ。(田口に向けて)どんな感じ?」

田口:「俺、ライバルだね(断言)」

山田:「うぇぇぇぇ!えー!?本当ですか?嬉しすぎます!」

吹越:「すごくストレートに“同業者”。年が若いから後輩だけど、“後輩”っていうよりも“同業者”って感じはするよね」

山田:「…(感動で固まる)。“俳優である”ってことですかね」

吹越:「うん」

山田:「…めっちゃ嬉しいです(目をキラキラさせてふたりをみつめる)」

吹越:「仕事してる、って感じはするよね」

田口:「その場でちょっと要求が変わっても、どっしりやれてるし。大丈夫だよ」

 

◆場に慣れ過ぎず自然体で

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

山田:「俳優として長く続けていく秘訣ってありますか。心がけていることや、意識してること」

吹越:「“慣れない”っていうことかな。決まったやり方をつくらないとか」

田口:「そうですね。フラットにしてやり続けるだけ」

吹越:「俺も、『特捜9』を撮ってるこの現場ではこんな感じだけど、他の現場に行ったら違うからね。すごく静かだよ?」

山田:「え、そうなんですか」

吹越:「うん、多分ビックリすると思うよ。今やってるキャラクターがこうだから、今はこういう感じでいるけど。この現場だからこそ、こうやれるっていうのもある。また別の作品に行ったら、自然に変わるだろうしね。そうなろうと思うんじゃなくて、自然にそうなっていくんだよ。そこが面白い」

山田:「いろんな場に順応していく、ってことなんですかね」

田口:「無理しなくていいけどな。あくまでも“自然に”だよ」

 

◆先輩の褒め言葉、炸裂!

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

吹越:「新藤(山田)は、もともといる特捜チームのキャラクターとかぶらないのも大きいよね。ちょうどいない感じのやつがきたな、って」

山田:「それは自分の中でも思ってました。台本読んで、“誰にもかぶらずに新藤をやれたらな”って」

吹越:「俺から見てて“いいな”って思ったのが、カラダ。キャラクターは1回演じてからでも“こういう性格の登場人物だ”って変えられるじゃない。でも、カラダは違う。そういうところも、今回はうまくピタッとはまったんじゃないかな」

田口:「そうね、新藤(山田)はカラダのスピード感っていうのが伝わるよね。ちょっとした動きなんかで」

山田:「嬉しいです!」

田口:「いや、最高だよ」(満面の笑みで)

山田:「めっちゃ褒めてくれますね…(感動)」

吹越:「…ま、こんくらいでいいかな」

田口:「はい(笑)」 ※田口・吹越、席を立ち始める

山田:「え、ちょっ…! 待ってください!(焦)」

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

最後まで先輩ふたりのペースに巻き込まれつつ、山田裕貴の先輩突撃インタビューも終了! まさに“荒波”のようなふたりに揉まれ、役者・山田裕貴もますます鍛えられそうな予感いっぱいの現場は、終始笑いに包まれていた。

ドラマも終盤戦に突入。新人刑事・新藤は、今後どこまで先輩コンビに絡んでいけるのか。ドラマでの関係性にも注目だ。<構成・文/塚はなこ>

※番組放送情報:『特捜9』第8話
2018年5月30日(水)午後9:30~10:24(「サッカーキリンチャレンジカップ日本×ガーナ」中継のため、よる9:30~となります)、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事