テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

渡辺正行&釈由美子、息子の思春期エロ本問題を考える「少し場所をずらす」

クルマという空間を舞台に、ゲストのふたりが普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する番組『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日)。

©BS朝日

5月26日(土)に放送される同番組には、「コント赤信号」のリーダー・渡辺正行と女優・タレントの釈由美子が登場。バラエティーやドラマ共演で仲良しの2人は、渡辺が育児に奮闘中の釈をおもてなしするドライブへ出かける。

釈が「久しぶりにやりたい!」という乗馬を体験し、最後は渡辺行きつけのリゾートホテルへ。相模湾を望むレストランでおいしいフランス料理を堪能する。

 

◆「バナナマン」結成秘話も

18歳の娘を持つ父親である渡辺、釈は2歳になる男の子の子育て中。渡辺は、「俺の誕生日と娘の誕生日が一緒で…」というと、釈も「私も息子と一緒です!すごいですね」と奇跡的な偶然に大盛り上がり。

そして、「息子が思春期になってエロ本を読んでいたらどうしたらよいのか?」という新米ママさんの悩みに、「知らないふりをする。でも少し場所をずらしておく」というアドバイスをする子育てトークから、「若い子が売れていくのを見るのが楽しい」「“爆笑問題”は初ライブで事務所にスカウトされた」など、渡辺が主宰する新人コントライブの裏話も語る。

さらに渡辺は、「日村(勇紀)は付き人をやっていて、設楽(統)は運転手をやっていた。そこで“バナナマン”を組んだ」と大人気コンビ・バナナマン結成秘話も。

また釈は、「演じることが楽しい」「初めましてでラブシーンのときもあるけど淡々とやれる」など、芝居の話でも盛りあがる。

※番組情報:『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~
2018年5月26日(土)午後10:59~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1