テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

リオ五輪3冠のカティンカ・ホッスー来日!日本の次世代スイマーと対決実現

5月13日(日)に2時間半スペシャルで放送される『ビートたけしのスポーツ大将』では、「豪華一流アスリート&次世代アスリート大集結SP!!」と題し、「陸上駅伝対決」「バドミントン対決」「バレーボール対決」「BMX対決」など数々の戦いが繰り広げられる。

©テレビ朝日

◆競泳対決

「競泳対決」では、リオオリンピックで3つの金メダルを含む4個のメダルを獲得し、昨年の世界水泳では2つの金メダルを含む3個のメダルを獲得した“競泳界の現役最速女王”カティンカ・ホッスーが同番組出演のために緊急来日!

ホッスーがここ5年間世界の大舞台で負け知らずの「200m個人メドレー」と昨年の世界水泳で銀メダルを獲得した「200m背泳ぎ」の2種目で、日本の次世代スイマーと対決する。

メドレーでは1人で200mを泳ぐホッスーに対して、4人の次世代スイマーが50mずつ、背泳ぎでは小学校6年生と中学校1年生の次世代スイマー2人が100mずつを泳ぐ。

その実力と功績から“鉄の女”の異名をとるホッスーだが、次世代チームも飛び込んだときのアドバンテージを利用して一矢を報いたいところ。次世代スイマーたちの本気の泳ぎに注目だ。

また、50mと100mの自由形日本記録を保持、日本人では難しいといわれる自由形でのメダル獲得も期待されている中村克が同番組初登場し、中学生2人と100m自由形対決。昨年の世界水泳200m平泳ぎで銀メダルを獲得した小関也朱篤は、小・中学生4人と200m平泳ぎでガチンコ対決をする。

 

◆陸上駅伝対決

©テレビ朝日

「陸上駅伝対決」では、ニューイヤー駅伝出場経験のあるNDソフトの青木達哉が登場。元チームメイトで現在は那須建設に所属するケニア出身のジョセフ・オンサリゴとコンビを組み、男女中学生チーム、男女高校生チーム、そして芸能人チームの挑戦を受ける。

体力だけでなく、ペース配分などもカギとなる駅伝対決。アスリートチームの驚異的な追い上げと次世代ランナーたちの逃げに注目だ。

 

◆バドミントン対決

「バドミントン対決」は、昨年の「全日本総合バドミントン選手権」で2度の優勝、さらにランキングの上位選手しか出場できない「スーパーシリーズファイナルズ2017」で優勝、中国オープンも制し世界ランキング1位、2位をも争う山口茜が、中学生最強女子とシングルで対決する。

挑戦する杉山薫さんは昨年の「全日本ジュニア選手権」で優勝、「シンガポールユースインターナショナル」のアンダー15でも優勝と、世界レベルで高い実力を見せつけている。

相手によってプレースタイルを変えるトリッキーな山口に対し、杉山さんは穴がない安定したプレーが持ち味。ハンデは5点、11点先取の1セットマッチで勝敗が決まる。山口が5点のハンデを跳ね返し、世界ランクの貫禄を見せつけるのか?

 

◆バレーボール対決

そして、レジェンドチームが全国ナンバーワン小学生チーム「高須バレーボールクラブ」と対戦する「バレーボール対決」。

「高須バレーボールクラブ」は絶対的なエースはいないが、粘り強い守備とコンビバレーで日本一になったチームだ。ハンデは小学生6人に対してレジェンドチームは3人という人数差。ネットの高さは小学生用の高さ2m、21点先取の1セットマッチというルールで行われる。

 

◆BMX対決

©テレビ朝日

2020年東京オリンピックでは、フリースタイルパークとレースの2種目が行われる自転車競技・BMX。

今回は10歳・12歳・13歳の各部で世界選手権優勝、全日本選手権でもジュニアの部で2連覇を果たした畠山紗英とリオオリンピック男子代表の長迫吉拓が登場。小・中学生の天才BMXレーサーと対戦する。

ただ単に速いだけではなく、どこでどうやって追い抜くのか、また追ってくる相手をどうやって抜かせないようにするのか高度なテクニックも要求されるBMXレース。熱戦に期待だ!

※番組情報:『ビートたけしのスポーツ大将
2018年5月13日(日)午後6:30~8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1