テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

全国どこでも、どんな依頼でも絶対に断らない!「車いす着物」で“幸せ”を着せる女性

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している。

今回修造は、障がいの有無に関係なく着ることができる着物を考案しグッドデザイン賞を受賞、そして会社まで立ち上げてしまったという人物を取材した。

©TOKYO応援宣言

茨城県つくば、一見何の変哲もない住宅に今回の主人公がいる。淺倉早苗さん、54歳。淺倉さんの自宅兼事務所の部屋の中には、ぎっしりと着物が敷き詰められている。

そんななか淺倉さんは、ある着物を紹介する。

淺倉:「こちら、普通の着物に見えるんですけど、いろいろ細工がありまして…。実は、どんな方でも着られる着物なんです。車いすの方でも着ることができます」

淺倉さんが作製しているのは、座ったままでも着られる「車いす用の着物」だ。

©TOKYO応援宣言

一見すると普通の着物と変わらないが、この着物は上下が別々のパーツになっている。下半身は座ったままで生地を巻きつけるように装着、上半身は割烹着のように前から袖を通すことから、体を屈める必要がない。通常1時間程度かかる“着付け”が、この着物ならわずか10分ほどで終わる。

着る人への負担を可能な限り減らしていることが最大のポイントで、2015年にはグッドデザイン賞を受賞した逸品だ。

 

◆「着物を着た人を笑顔にしたい」きっかけは病に倒れた祖母

©TOKYO応援宣言

5年前までは普通の主婦だったという淺倉さん。なぜ、“車いす着物”を作るようになったのか? そのきっかけは、脳出血に倒れた祖母だった。

体が不自由になってからも、“着物を着たい”という思いがあった祖母。しかし、着ることが出来ず、着せることも出来ない。そこから淺倉さんは、「じゃあ着せられるものを作れば良いんだ」という考えに至ったのだという。

この話に修造は、「普通の人だったら諦めますよ」と返すが、淺倉さんはきっぱり「諦めないんです」と一言。その理由は、「やっぱり笑顔が見たいから」というシンプルなものだ。

結婚する前はメーカーで家電のプロダクトデザイナーとして働いていたという淺倉さん。それまで着物には縁がなかったというが、一念発起。一気にデザインを書き上げ、ミシン片手に試作品を作成。早速、祖母に着せてみたところ…。

淺倉:「最初はちょっと、祖母に怒られるんじゃないかと思ったんですよ。こんな素人なものを作ってきてって…。でも、すごく喜んでくれたんですね。笑顔がなくなってきていた(頃だった)ので、すごく嬉しかったです」

この出来事を機に、淺倉さんは“笑顔が見たい”と感じるようになり、さらに、「アメイジング、驚かせたい」という思いも抱くようになったという。

 

◆「着ることが自信につながる」数々のこだわりに込めた想い

淺倉さんの“車いす着物”は、全国どこでもレンタルが出来る。ときにはベッドから起き上がれない人や、重い障がいや病気を抱えた人からも依頼があるというが、淺倉さんは依頼を絶対に断らない。

©TOKYO応援宣言

手作りのマネキンを使って依頼者の体型や障がいを再現し、その人が美しく、簡単に着ることが出来る着物を一着一着作り上げるという。淺倉さんがここまで着物作りにこだわるのには、ひとつの信念がある。

淺倉:「着物は着るのが難しいですから、それが着られたということが自信になるんです。(着物を着ることで)今まで本当に外に出なかった人が外に出るようになったり、『じゃあ今度は何に挑戦しよう』って言ってくれるんですよ。

修造:「そもそも着物を着ることを諦めてしまっている可能性だってありますよね?」

淺倉:「そうなんです、まず諦めているお客様が多いんです。そうなると尚更、私の“闘争心”が湧いてきます」

修造:「闘争心!」

淺倉:「はい。楽しんで着物を着て喜んでいただきたいですし、ただ着せれば良いというものではなくて、思い出に残る写真も撮ってもらって、ご家族みんなに喜んでいただきたいという思いもあります。そうして、ただ借りてもらっているのに、『ありがとう』と言っていただける。最高ですよね」

修造は、そんな淺倉さんの話を聞いて、「(淺倉さんは)着物を着せているんでしょうけど、“幸せ”も着せていますね」と感想を語っていた。

©TOKYO応援宣言

現在、高齢者施設などに着物を持って訪問し、多くの人に笑顔と自信をもたらしている淺倉さん。彼女は、2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されるに向け、「車いすの方でも着られる着物を“世界に発信”する」という思いを抱いている。<制作:TOKYO応援宣言>

※番組情報:『TOKYO応援宣言
毎週日曜あさ『サンデーLIVE!!』(午前5:50~)内で放送、「松岡修造の2020みんなできる宣言」も好評放送中、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事