テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『特捜9』SP鼎談!山田裕貴の現場での“奇声”に羽田美智子&津田寛治が心配【前篇】

4月の放送開始から好調を続ける井ノ原快彦主演のドラマ『特捜9』。パワーアップし続ける同作の特捜班に加わった新メンバーのひとりが、映画やドラマで引っ張りだこの若手俳優・山田裕貴が演じる刑事、新藤亮だ。

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

新藤は、元新宿中央警察署刑事課の若手刑事。若者ならではの発言や行動で、特捜班メンバーをかきまわすこともあるキャラクターとなっている。

そんな新藤刑事を演じる山田裕貴が今回、12年間チームを築き上げてきた先輩メンバーにインタビュー! まずは、微妙な関係性が気になる小宮山(羽田美智子)&村瀬(津田寛治)ペアに突撃した。

 

◆変わったこと、変わらないこと

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

山田:「“9係”というシーズンが長く続いて、新しく『特捜9』が始まったわけですが、変化した部分ってなんですか?」

羽田:「変わったのはやっぱり、山ちゃん(山田)と寺尾(聰)さんが入って来てくれたこと」

津田:「大手術だよね。この中に新しいメンバーとかありえないよね、ってみんな言ってたから」

羽田:「うん、“入ってくる人が入って来づらいよね”って。でも、ふたりがあまりにも自然に入って来てくれて。入ってくるほうが大変だったんじゃない?(笑)」

津田:「みんなでお弁当食べてても、山ちゃんは率先してそのカラを片づけてくれたりしてくれるよね(笑)」

山田:「逆に、変わらずに受け継がれている部分はどうですか?」

羽田:「基本、変わってなくない?」

津田:「変わってないのは人間関係だよね。昨日もロケ先で、山ちゃんと羽田さんと3人で撮影の合間にぶらりとしたじゃないですか。そういう撮影以外での雰囲気がずっと受け継がれてるのかなって。そこに山ちゃんがすっと入ってくるのが“すげえな”って思う」

 

◆ほんとは苦労してる? 新人とベテランのホンネ

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

羽田:「おふたり(寺尾・山田)とも、違和感なくスッと入ってきてくれたから、良かったねって言ってる。でも、陰ではもしかして苦労してるんじゃないかっていうのを、この頃みんなで考えちゃって(笑)」

津田:「奇跡的にこんなに合う人に出会えたと思ってたけど、実は命がけで合わせてきてくれてるのかもしれない(笑)」

羽田:「すごい蕁麻疹とか出てたらどうしよう、とかね(笑)」

山田:「受け入れてくれようとしている皆さんの温かい雰囲気があるから、僕もすんなり入れました。もはや信じてもらえないかもしれないですけど、僕めちゃくちゃ人見知りなんですよ。特に年上の人だと、どう喋っていいかわからなくなる」

羽田・津田:「へー!(驚)」

山田:「野球をやってたせいか、先輩と喋るとなると(姿勢を正して)ピッとなっちゃうんです。そうなり過ぎると皆さんも困るんじゃないかと思って、なるべく“くだけたい”とは思ってました」

 

◆“リトル山田”の出現

津田:「山ちゃん、突然、奇声を発して踊ったりするよね。あれはストレス?(笑)」

山田:「もともとそういうタイプなんです…。友達の前とか」

津田:「無理やり明るくしようとしてるんじゃなくて?」

羽田:「(腕突き上げて)“フォーッ!”とか言ってるよね(笑)」

山田:「急に出てきちゃうんですよ、“リトル山田”が。先輩方とやらせてもらえるのが刺激になりますし、みなさん12年やられてるから、キャラクターが自然に滲み出てるんですよね。お芝居をしてるんじゃなくて、キャラクターを生きていらっしゃるんだなと思ったら楽しくなってきちゃって。それで、“フォーッ!”ってなります(笑)」

 

◆役者が役者に教える現場

©特捜9/テレ朝POST 撮影:長谷英史

羽田:「インした日(撮影初日)に、吹越さんが山ちゃんにアドリブをつけたのよね。こういう風に言ったらって急に長セリフを渡して。緊張するシーンで直接アドリブつけて、山ちゃんどうするかなって思ってたら見事にやり遂げたから、スタッフ全員が“こいつ凄いな”ってなったよ」

山田:「めちゃくちゃ緊張しましたけど、それを、新人刑事が緊張しているっていうところにリンクさせてうまく出来ればって思ったんです。自分の役者経験はまだ8年ですけど、みなさんにぶち当たってやってみようっていう感覚があります。皆さん、芝居についてもフォローしてくださるので」

羽田:「みんなが、自分がやってきたことを教えよう、残していこうっていう感じがすごくしてるの。イノッチ(井ノ原)も山ちゃんに何か教えようとしてるし、吹越さんも“こういう風にやりなよ”、“間が違う、こうだよ”って言ったりね。あんなの普通言わないよね」

津田:「言わない。役者が役者にあんな風に言う現場って、なかなかないんじゃない?」

山田:「このチームで、先輩方と芝居をやらせてもらえてとても刺激を受けています。ここにいるメンバーの皆さんのいいところをすべて吸収したら、僕、最強の俳優になっちゃいますよ。フォーッ!」

実際の現場でも、ドラマ内での役柄でも“新人”という立場の山田裕貴。そんな彼を、ベテランの先輩メンバーたちがプロとして温かく迎え入れていることが滲み出る鼎談となっている。

まだまだ止まらない3人の本音トークは、後編に続く。そしてもちろん、勢いに乗るドラマの第5話も見逃せない!<構成・文/塚はなこ>

※番組放送情報:『特捜9』第5話
2018年5月9日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1