テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三宅裕司、小学生時代は“優等生トリオ”の一員!1人は独学で農業を学び成功

当時は仲が良かったけれど、今は何をしているかわからない同級生の“今”を取材! 知られざるエピソードとともに有名人の素顔を掘り起こす番組『あいつ今何してる?』

©テレビ朝日

5月9日(水)放送の同番組には、劇団“スーパー・エキセントリック・シアター”の座長であり、バラエティーの名MCとしてもおなじみの三宅裕司が出演する。

 

◆優等生トリオの仲間、元生徒会長が登場

1951年、東京・千代田区神田神保町生まれの三宅。明治大学卒業後、28歳のときに劇団”スーパー・エキセントリック・シアター”を旗揚げし、現在にいたるまで座長を務めている。その後、俳優としてはもちろん、数々の人気番組の司会者としても活躍してきた。

小学校時代は優等生だったという三宅は、自分を含めて賢い男子3人が“優等生トリオ”とよばれていたと告白。その“優等生トリオ”のひとりの“今”が知りたいとリクエストする。

彼は真面目で賢くスポーツも万能で、北海道大学に進学したウワサを聞いたというが、はたして今はどこで何をしているのか? 優等生の意外な人生が明らかに!

さらに、”優等生トリオ”のもうひとりも登場。すでに会社を退職した彼はなんと“農業”を始め、充実のセカンドライフを送っていた! 独学で農業を学び、成功を収めた彼はいったいどんな毎日を送っているのか。そして、同級生2人が明かした登山や林間学校などの爆笑エピソードから、三宅の子ども時代が浮き彫りになる。

また中学時代、三宅の応援演説で生徒会長に当選した男子も登場。三宅は、彼が生徒会長に立候補したとき応援演説を担当したが、ふざけたことを話してしまい「応援演説になってないじゃないか!」と怒られた記憶があるという。

真面目な生徒会長だった彼は、どんな大人になっているのか。三宅も驚いた、真面目少年の“今”とは?

※番組情報:『あいつ今何してる?
2018年5月9日(水)午後7:00~午後8:00、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1