テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

映画『OVER DRIVE』主演の東出昌大&森川葵、世界最高峰ラリー・WRCを現地で体感

自動車競技「ラリー」を題材にした映画『OVER DRIVE』。同作の公開を前に、「映画『OVER DRIVE』公開特番」が5月19日(土)に放送される。

Naoki Kobayashi/CINQ

公道はもちろん、世界のあらゆる道で苛酷な走行を展開し、欧州や南米ではF1に劣らぬ人気を誇る“ラリー”。そのラリーを題材にした話題の映画『OVER DRIVE』が、6月1日(金)から全国公開される。

そこで今回、同作主演の東出昌大森川葵が監督の羽住英一郎とラリーの頂点であるFIA WRC(FIA World Rally Championship=FIA世界ラリー選手権)の伝統の一戦「ツール・ド・コルス」を観戦。

ラリーの魅力に触れるほか、地中海の秘境・コルシカ島のグルメや美しい景観を満喫する。

 

◆伝統の一戦が行われる舞台「コルシカ島」の魅力とは

Naoki Kobayashi/CINQ

WRCの第4戦として行われた「ツール・ド・コルス」は、1956年からフランス・コルシカ島で行われている伝統の一戦。「1万のコーナーのラリー」と呼ばれるほどツイスティー(曲がりくねった)で、山岳地帯の断崖絶壁を縫うように走る厳しいラリーだ。

そんな注目のラリーを前にコルシカ島を訪れた東出と森川。まずはコルシカ島の魅力を発見とばかりに、島内を走るローカル線「コルシカ鉄道」に乗り込み、絶景を堪能。さらに、あのコロンブスが生まれたとされるピンクに染まる街・カルヴィを散策し、山と海が一望できるレストランでコルシカ料理もいただく。

 

◆世界最高峰WRCに大興奮! 舞台裏にも密着

Naoki Kobayashi/CINQ

そんなコルシカ島の魅力を味わい尽くしたのち、ラリーファンのコルティさん一家と「ツール・ド・コルス」観戦へ。セレモニアルスタートやご自宅のすぐ近くで行われるSS(スペシャルステージ)を一緒に観戦する。

コルティさん一家はもちろん、地元の人々の“ラリー熱”に触れた東出たちは、世界最高峰のWRCに大興奮!

Naoki Kobayashi/CINQ

映画『OVER DRIVE』の舞台となった“ラリーの現場”に触れた彼らは、さらにトップクラスのメカニックが作業する様子を真横で見学する。初体験だらけの東出、森川らの感想は?

※番組情報:映画『OVER DRIVE』公開記念! 東出昌大&森川葵が“フランスの楽園”でド迫力の“世界ラリー”観戦旅
2018年5月19日(土)午前10:30~、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事