テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

お箸を持てぬほどの激痛も。重量挙げバーベル作りの圧巻“手作業”現場

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡って応援している松岡修造。

今回修造は、2020年の東京オリンピックに出場する選手を道具の面から支えようとする人のもとを訪ねた。

©TOKYO応援宣言

修造が今回話を聞いたのは、埼玉県で鉄工所を営む長谷川健吾さん。長谷川さんが作っているのは「バーベル」だ。長谷川さんの鉄工所は日本で唯一、バーベルの形や重さを最終的に整える仕上げ作業を担当している。

そんな長谷川さんがバーベルを作る際にこだわっているのが、「精度」。

例えばバーベルの持つ部分(=シャフト)は機械作業で作られるため、1本1本0.1ミリ単位の微妙な歪みがある。長谷川さんは、この歪みを手作業で調整していく。

 

◆1打1打、バーベルを「育てる」

「バーベルのシャフトの部分は、歪みがあると選手のバランスを崩すことになるので、とにかく真っすぐ。精度良く真っすぐ」と作る上でのこだわりを語る長谷川さんだが、修造の目で見てみると、調整前のバーベルでも歪みはほとんど感じられない。

©TOKYO応援宣言

しかし、そのような一見ではわからない歪みが選手によっては命取りになるそう。それを調整するために長谷川さんが取り出したのは、重さ6kgのハンマーだ。すると、おもむろにハンマーをシャフトに打ち出した。修造も思わず驚く。

長谷川:「この鋼材っていうのが特殊な鋼でして、鉄の数倍堅いので、この(微細な)歪みをとるのでも相当な力を入れないと」

修造:「すごい1打だったな。打撃で直せるかどうかは、感覚(でやっている部分が大きい)ですよね?」

長谷川:「そうです。心を綺麗に“無”の状態で叩いています」

修造:「そうだと思う。これは匠の技ですね」

そうしてシャフトをハンマーで叩くこと約10分。当初0.3ミリあった歪みが、ほぼゼロの状態になった。

©TOKYO応援宣言

長谷川さんは、これをやり始めた当初はただ“力”に頼ってやっていたため、夜にお箸を持つこともできないほど痛くなっていたそうだ。

修造はこれを聞いて「機械でやれば良いじゃないですか?」と素朴な疑問を投げかけるが、長谷川さんは「シャフトにはそれぞれ性格があって、ひとつずつみんな曲がり方が違うんです。捻れているのがあれば、S字に曲がっているものもある」と答える。

それぞれ違うため、長谷川さんがまさに手作業でひとつひとつ“育てている”のだ。

さらに長谷川さんは、バーベルの命とも言える「重さ」の調整にもこだわりをもっている。

バーベルの重さは、国際規格で誤差はプラス20gからマイナス10gと定められている。そんななか長谷川さんは、国際基準よりもさらに厳しい、プラス3gからマイナス0gの範囲で納品しているのだという。

 

◆出荷するのが「もったいない」

こうして年間1000本のバーベルを“育てあげる”長谷川さん。誰よりも精度にこだわってバーベルを作っているからこそ、ある感情が芽生えるという。

長谷川:「こんな言い方もおかしいんですけど、いつも出荷する時に『もったいないな』っていう感覚があるんです」

修造:「ああ、そうか。自分で育てて、子供がいわゆる卒業していく感じですよね」

長谷川:「そうですね、分身というか。僕は実際トレーニングはやらないんですけど、このバーベルのシャフトにはすごく興味も愛着もあります」

修造:「話を聞くだけで、本当に地道だし大変な作業だと思いますけど、長谷川さん自身がこれだけ想い入れられる物と出会えたってことは、素晴らしいことじゃないですか」

長谷川:「僕は物を作ることしか出来ないので、もっと良いもの、もっと自分で満足いくもの 、納得いくものを作りたいと思います」

修造:「選手も嬉しいんじゃないですか。これだけ本気に、気持ちを込めて育ててくれているだけで。ちょっと変な言い方ですけど、長谷川さんに僕惚れてきています(笑)」

長谷川さんがこのようにこだわり、また今なお成長を求める背景には、鉄工所の創業者でもある祖父・次郎さんの存在がある。

©TOKYO応援宣言

次郎さんは、1964年の東京オリンピックで日本人金メダル第1号に輝いた三宅義信選手のバーベルを作っていたのだ。そして、64年東京オリンピック当時の次郎さんの年齢と、今の長谷川さんの年齢はほぼ同じ。

長谷川さんは、祖父と同じように、“東京オリンピック”で自身の作ったバーベルが上げられることを夢見ている。

「まだ少し時間があるので、もっといい物を、もっと自分で満足のいく物を作りたい」――長谷川さんの尽きないこだわりに、修造も大いに感動していた。

※番組情報:『TOKYO応援宣言
毎週日曜あさ『サンデーLIVE!!』(午前5:50~)内で放送、「松岡修造の2020みんなできる宣言」も好評放送中、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事