テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ビズリーチで話題の吉谷彩子、『おっさんずラブ』出演!田中圭の助言に「暴れた」

“CMでブレイク”と聞いて、いま最も多くの人が顔を思い浮かべる女優は、吉谷彩子だろう。

©テレ朝POST/撮影:石井明和

吉谷は2016年より「ビズリーチ」のCMに出演しており、同CMでの一度見たら忘れられない印象的なポーズや発声、そして彼女の明るい表情は放送開始から瞬く間に大きな話題に。

このCMでのブレイク以降、人気ドラマにレギュラー出演するなど女優としての活躍の場を広げている。

そんな吉谷彩子に、CM出演以降のエピソードや女優としての目標について話を聞いた。

 

◆電車で女子高生に「ビズリーチじゃない?」

©テレ朝POST/撮影:石井明和

――「ビズリーチ」のCMに出演されて2年以上が経ちますが、この2年でどんな変化がありましたか?

吉谷:「やっぱり、CMのおかげで街中で声をかけられることが多くなりました。『写真撮ってください』と言われることもあって、そのときには『一緒に“あのポーズ”やってほしいです』ってリクエストされることもあります。

面白かったのが、以前に山手線に(ビズリーチの広告で)私の顔をラッピングしていただいたことがあったんです。

それで、あるとき急いで山手線に乗ったらちょうどその電車で…(笑)。車内にも私のポスターがあって、自分としても“あ!”っていう感じですごく嬉しかったんですけど、だんだん電車にいた女子高生たちが私に気づき始めて、ポスターみながら私の顔も見て、『え、てかビズリーチじゃない?』って言われました(笑)」

――自分がラッピングされた電車に乗って、自分のポスターで気づかれるって、すごい経験ですね。

吉谷:「あと、『どこかで見たことある』っていうのもよく言われるんです。私はジムによく行くんですけど、この間ジムのサウナの中で一緒になったおばあちゃんに、『どこかで見たことがあるんだよなぁ。絶対見たことある。なんだっけなんだっけ?』ってずっと言われて…(笑)。

そのうちに『ああ、わかった!』って思い出してくれて、『握手して~』って言われたんですけど、お互い手がものすごく汗ばんでるし、すっぽんぽんだし(笑)。“せめて水風呂の中で握手しませんか?”と思いましたけど(笑)、でも思い出してくれてすごく嬉しかったです」

 

◆子役からの長いキャリア

©テレ朝POST/撮影:石井明和

――吉谷さんの“一度見たら忘れられない”理由に「ショートカット」もあると思うのですが、ショートカットはいつ頃からですか?

吉谷:「私は中・高が陸上部で、高校生の途中までは長かったんですけど、顧問の先生に『その髪じゃ部活の邪魔だから、明日切ってきなさい』って言われて、それでバッサリ切ったんです。そこからはずっとショートですね」

――ショットカットの活発さやCMの影響もあって、吉谷さんには「明るい働き者」というようなイメージを抱く人も多いと思いますが、実際の吉谷さんはどうですか?

吉谷:「そうですね、“明るい働き者”です(笑)。自分でも明るいと思います。でも、明るくなったのは(子役として)芸能界に入ってからなんです。

幼稚園の頃は本当に人見知りで、いつも端っこのほうに隠れて誰とも話せないぐらいの人見知りだったんですけど、母がそれを心配して児童劇団に入れたのがキッカケで直ったんです」

話にも出た通り、現在26歳で子役から活動している吉谷は、芸能界で長いキャリアをもっている。そんな彼女がいま挑戦してみたいと考えていることは?

吉谷:「舞台です!ずっとご縁がなかったので、チャレンジしてみたいですね。これからも経験と勉強を重ねながら、いろんなことに挑戦していきたいと思っています」

 

◆話題沸騰のドラマ『おっさんずラブ』にゲスト出演!

©テレ朝POST/撮影:石井明和

そんな吉谷は、この春スタートした土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』の第2話(4月28日放送)にゲスト出演する。

本作は、女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、同居している“イケメンでドSな後輩”牧凌太(林遣都)らが繰り広げる「この春いちばんピュアな(おっさん同士の)恋愛ドラマ」。

第1話の放送後、その“笑える&ときめける”内容や衝撃のキスシーンが大きな話題になっている本作についても吉谷に聞いてみた。

吉谷:「まず、タイトルがすごいなって(笑)。最初に、2016年に放送された単発のスペシャル版を観たんですけど、おじさん世代の方々の恋愛模様を描いてるのかなって思ったら、まさかの男性同士。

しかも、田中圭さんに惚れる“ヒロイン”が吉田鋼太郎さんっていう…。もう面白いじゃんって思って、実際に観たらやっぱりめちゃくちゃ笑えて面白くて、今回参加できたのがすごく嬉しいです」

――どんなポイントに笑いましたか?

吉谷:「吉田鋼太郎さんが、コワモテなのに春田(田中圭)と2人きりになると急に甘えだすところとか、それを受ける田中圭さんの“なんだなんだ…”っていう受けの芝居とか、日常の雰囲気のなかで真面目にやっているからこそコメディー感が際立って面白いなと感じました」

――そんな『おっさんずラブ』の第2話で、吉谷さんは新婚のマラソンランナーという陸上経験者にピッタリな役を演じられました。撮影を振り返って、いかがでしたか?

吉谷:「アドリブも含めて結構好きなようにやらせていただける現場で、田中圭さんも『やりたいと思ったらやらせてくれる現場だから』ってアドバイスしてくれて。それで、本当にやりたいようにやらせてもらえて、かなり暴れさせてもらいました(笑)」

――“暴れた”んですか?

吉谷:「はい。私が夫とケンカして、春田が仲裁するシーンがあるんですけど、そこでは特に暴れました(笑)。田中圭さんが、私が“こういうふうにしたい”と思うことを全部受け入れてくれて、圭さん自身もすごくアドリブを入れてくるので、それに合わせて私も芝居で返すという…。もう、すっごく楽しかったです!

みんなが自由に芝居をやっている感じを、ぜひ観てほしいですね。チェックのときもみんなで見て笑っちゃうくらい面白かったので、期待してください!」

このように見どころを語ってくれた吉谷彩子。『おっさんずラブ』第2話、彼女の“暴れた”芝居に注目だ。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』第2話
2018年4月28日(土)午後 11:15~深夜0:05、テレビ朝日系局

LINE はてブ Pocket +1