テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

千鳥、キー局初の“コンビ名を冠した”レギュラー番組スタート!『千鳥の路地裏探訪』

お笑いコンビ・千鳥が、繁華街にある大通りから1本入った路地裏で“クセ”のある場所を探したり、そこに住む人を“深掘り取材”したりする街ブラバラエティー『千鳥の路地裏探訪』

2017年12月に3週連続企画として放送され大好評を博した企画が、月イチのレギュラー番組となって新たにスタートする。

©テレビ朝日

4月29日(日)に放送される記念すべき第1回目の舞台は、東京・新宿だ。

まず都庁前からスタートした千鳥の2人。少し歩くと昭和の面影が残る路地裏を発見、高層ビルの狭間に昭和の原風景が浮かび上がるそのコントラストに2人は驚愕する。

また2人は、昔ながらの趣きあふれる家々にアポなしで訪問し、どうしてこの場所に暮らしているのかを取材していく。大都会の路地裏にひとりで暮らす女性は、「昔はビルなどはひとつもなく、原っぱだった」とかつての新宿を振り返る。

そして、50年以上前からこの地で暮らしているという夫婦は、千鳥の後押しで初めてのプロポーズをすることに…!

その後、ゲストのロッチ・中岡創一と平成ノブシコブシ・吉村崇が合流。中岡は路地裏のお宅を訪ねて風呂に入らせてもらおうと意気込むが、その願望ははたして実現するのか?

そんな昔ながらの住宅を取材しつつ、路地裏グルメも堪能する一行。路地裏ロケを通して大都会の知られざる一面とその歴史を浮き彫りにしていく。

 

◆「“素”の千鳥が出ている、僕ららしい番組かも」

千鳥の2人にとって、同番組は“コンビ名を冠したキー局初のレギュラー番組”だ。

大悟は「もしかしたらいちばん“素”の千鳥が出ている、僕ららしい番組かもしれません」と、千鳥の魅力が満載であることをPR。

ノブもまた、「僕らは普段どおりに歩くので、ほっこり楽しんでくれたらいいな。路地裏からどうしても“クセ”がにじみ出てきてしまうと思うので、そのへんも楽しんでもらえたら」と、自身のツッコミの名フレーズをもじって語っている。

 

©テレビ朝日

※大悟 コメント<全文>

「僕は育ったのが路地ばかりのところだったので、路地裏には懐かしさを感じますね。新宿も大都会ですが、よくよく考えたらビルは後から建設されたわけで、路地裏には東京の元々の姿が残っているんだなと思いました。

昔から東京に住んでいる人たちは、やはり地元に愛着を持っていて、絶対にここを離れたくないという方が多かったですね。東京の路地裏で出会った人たちが、田舎のロケで出会う方々ととまるで同じだったのが、新しい発見でした。

もしかしたらいちばん“素”の千鳥が出ている、僕ららしい番組かもしれません。いつもどおりの僕らをそのまま出しているのでやっていて楽しいですし、僕らのことを好きやな、と思ってくれている方にはぜひ1回見ていただきたいですね! そして、街によって“色”が変わっていく路地裏を楽しんでほしいです!」

※ノブ コメント<全文>

「僕は岡山のだだっ広い田舎で育ったので路地裏を歩いたことがなくて、この番組のロケは本当に新鮮です。こんな大都会の東京にも、昔ながらの路地裏が残っているんだとビックリしました。田舎のおじいちゃんおばあちゃんみたいに、ずっと同じところに住んで、ご近所づきあいも続けている…そんなあったかい人たちがまだまだ東京にいるんだなと勉強になりました。

この番組には、派手な仕掛けや凝った企画はなく、僕らは普段どおりに歩くのでほっこり楽しんでくれたらいいな! 細く長~く、“クセ”もできるだけナシで続けていきたいんですけど、路地裏からどうしても“クセ”がにじみ出てきてしまうと思うので(笑)、そのへんも楽しんでもらえたらうれしいですね!

東京は大都会でハイセンスなイメージの街ですが、まだまだ人情があるところだと実感できたので、田舎から出てきて東京に疲れたり、ビビったりしている人たちにぜひ見ていただきたいですね」

※番組情報:『千鳥の路地裏探訪
2018年4月29日(日)午前10:00~11:45、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1