テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

稲村亜美、ミステリードラマ初出演!タイトなミニスカで“神サーブ”披露

ヒラから這い上がった “叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season3』。

4月26日(木)放送の第3話には、稲村亜美がゲスト出演! 稲村は同作がミステリードラマ初出演となる。

©テレビ朝日

◆稲村亜美、“目撃証言”告げるウエイトレス役に

第3話は、スクランブル交差点で男性の刺殺体が発見されたところから物語が展開。 しかし、数多くの歩行者がいたはずなのに、誰一人として刺された瞬間を目撃していないことが判明する。

まもなく平凡な主婦・多治見透子(青山倫子)が容疑者として浮上。取り調べにやって来た彼女は、普段の地味な姿から一変、美しく変貌を遂げており、大岩らはその姿に驚く。

稲村が演じるのは、容疑者・透子が事件直前に被害者と立ち寄った喫茶店で働くウエイトレスだ。彼女は来店した際の透子の様子について、捜査員に“驚愕の証言”をする。

©テレビ朝日

稲村は、白ワイシャツに黒のベスト&タイトミニスカートというキリっとした清楚系コスチュームで登場! コーヒーをサーブするシーンや、事情を聴きにやって来た刑事たちに証言するシーンなどを自然体で好演した。

今回がミステリードラマ初出演となった稲村は、「今までお芝居には縁がなかったので震えました…」とオファーを受けたときの心境を語る。また出演シーンの注目ポイントを聞くと、「コーヒーカップの音を立てないように置いたのでぜひ、音が立ってないか確認してください!」と、“神スイング”ならぬ“神サーブ”(?)を披露したことを明かした

さらに、「いつもとは違うウエイトレスの衣装を着ているので、また違った稲村亜美が見られると思います!」と見どころもアピールしている。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長season3』第3話
2018年4月26日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1