テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

彼をダンボールに入れる、女装させる…浅香唯、ワッキーに過去の恋愛秘話語る

クルマという空間を舞台に、ゲストのふたりが普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する番組『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日)。

©BS朝日

4月21日(土)のゲストには、歌手・女優の浅香唯と、お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーが登場。ワッキーがよく足を運ぶという房総半島へドライブに繰り出す。

まずは青銅製の仏像では世界最大級の大きさだという巨大涅槃(ねはん)像がある寺へ。そして最後は、外房の絶景海水浴場で“ワッキー流バーベキュー”で浅香をもてなす。

 

◆なまりのおかげで『スケバン刑事』に抜擢!?

浅香は、宮崎県から15歳で上京し歌手デビュー。

しかし宮崎なまりに悩まされたそうで、「なまりがひどくて学校に通った。最初はアナウンサーを目指す人と一緒の授業だったけど、ある日外国人が日本語を学ぶクラスに入れられた」という爆笑エピソードも飛び出す。

しかしその後、悩みの種のなまりが新鮮だと言われ、ドラマ『スケバン刑事』で主演をつかみ、一躍トップアイドルに。

「恋愛も大変だった。彼にダンボールに入ってもらって部屋に運んでもらったり、女装もしてもらった」とアイドル時代の恋愛事情を赤裸々に語る!

 

◆ワッキー、サッカーに熱中していた高校時代

一方、ワッキーは芸人になるまではサッカーに熱中しており、サッカーの名門高校でキャプテンを務め、全国大会にも出場。

「当時は水を飲めなかった。夏の合宿ではもうカラカラ! 雨の後の水たまりにスライディングして水を飲んだ」と過酷な練習を振り返る。

2人の和やかな空気感が晴天の房総半島にマッチし、穏やか且つ笑いの溢れるドライブとなった。

※番組情報:『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~
2018年4月21日(土)午後10:59~午後11:30、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1