テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「終着駅シリーズ」池広一夫監督、88歳の妥協なき姿勢【プロデューサーインタビュー】

4月22日(日)、テレビ朝日の日曜よるの放送枠「日曜プライム」において、“終着駅シリーズ”の最新作『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』が放送される。

©テレビ朝日

今年2018年は、森村誠一氏の原作に牛尾刑事が登場して30周年(※初出は1987年1月刊行の『駅』)。第1作から“終着駅シリーズ”の歴史を知る佐藤凉一プロデューサーが、シリーズのウラ話や制作者としての思いを語った。

――4月22日(日)オンエアとなる『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』のみどころを教えてください。

「この『終着駅シリーズ』は事件に関わる人々の人生を掘り下げて描き、最後に牛尾が“救い”を渡す、というドラマ。本作もそれが非常に色濃く映し出された内容で、30周年の節目にふさわしい作品になっています。

“鞄の取り違え”という、日常生活で起こりそうな出来事がきっかけとなって人生が大きく変貌していくストーリーで、鞄の中身が違えばまた違うドラマになったかもしれません。とにかく、市井に生きる登場人物たちをきちんと描いた面白いストーリーだと思います」

――この『終着駅シリーズ』が長く支持されてきた理由はどこにあると思いますか?

「やはり“人間を描く”という、一貫した視点が受け入れられているのだと思います。橋本綾さんをはじめ、脚本家の皆さんの人間を捉える目は鋭く、僕らには想像もつかないストーリーを毎回、構築してくださいます。

あとは、牛尾刑事のキャラクターですね! 牛尾はとても実直な刑事で、ほかには何のとりえもない男なんですよね(笑)。超人的な能力があるわけでもなく、特にこだわりを持つような“変人”でもない。ただただ真面目に靴底をすり減らして真実を求める、オーソドックスな刑事なんです。

視聴者の皆さんは、そんな普遍的な存在として牛尾を愛してくださっているのではないでしょうか」

――主演・片岡鶴太郎さんは牛尾刑事をどのようにとらえていらっしゃるのでしょうか?

「脚本をお渡ししたときに『今回の“ホン”も面白いね!深いね!』という会話はしますが、実は、撮影中に作品について語り合うことはあまりないんです。ご本人はあまりおっしゃいませんが、牛尾を演じることによってご自身の生き方などにも感じるところが多々あったのではないかと思いますね」

――牛尾刑事とともに捜査にあたる刑事たちも魅力的ですが、こだわりのキャラクターはいますか?

「シリーズの歴史が長いためメンバーも多少入れ替わっていますが、現在の坂本課長役・秋野太作さんはご本人が持っているやわらかさ、人のよさがにじみ出ていますね。大上刑事役の東根作寿英くんも、回を追うごとによって牛尾とのコンビネーションが練られてきたなと思っています。

また、徳井優さんが演じる山路刑事については、制作側も面白がって作っていますね。“山さん”は定番のように牛尾に異論をはさむのですが、彼は彼で刑事としてやるべきことをやっているだけ。徳井さんはそんな山さんを、時に嫌味っぽく、時に面白く表現してくださっています。

こういった脇の人物は濃いキャラを出すと世界が崩れてしまうので、邪魔しない、目立ちすぎないというのが、実は大事なこだわりなんです。捜査会議で誰にどんなふうに発言させようか、バランスには熟考を重ねていますね」

 

◆一切妥協せず!『終着駅シリーズ』は御年88歳となる監督のライフワーク

©テレビ朝日

――このシリーズで忘れてはならないのが、第1作からメガホンを取ってきた池広一夫監督。1960年に監督デビュー、1990年から終着駅シリーズを手掛けてきた88歳の巨匠です!

「コンスタントに作品を撮っている現役の監督の中では、おそらく最高齢ではないかと思います。88歳にして、あれだけ本打ち(※シナリオの打ち合わせ)で意見を言い合えるのはスゴイですよ!

僕は30年ほど前からお仕事させていただいていますが、昔は、それはそれは怖かったですよ(笑)。今でも鋭さは変わらず、妥協は一切しない。毎回、ドラマの本質を突くような言葉をいただくので非常に勉強になります。片岡さんも同じ意思をお持ちですが、監督が撮る限り、このシリーズは続けていきたいと思っています」

――音楽も『太陽にほえろ』『傷だらけの天使』『名探偵コナン』などを手掛ける名作曲家の大野克夫さんがずっと担当されています。

「実は、音楽もずっと同じものを使っているんです。追加で曲を作っていただくこともありますが、第1弾からテーマは変えていません。このテーマもまた、作品の“華”ですね。終着駅シリーズは、スタッフ全員が“プロ”として認め合い、プライドを持って仕事をしているからこそ成立している作品です」

――珠玉のスタッフ、キャストが集結している『終着駅シリーズ』ですが、最後に今後の展望をお聞かせください!

「先ほども言ったように、人間ドラマを描くのが原点の企画なので、プロデューサーとして関わっていて、この作品はすごく面白いんです。実は、僕は第1作、露口茂さんが牛尾刑事を演じていた時代からこのシリーズを担当していて、途中、異動で離れた4年間ほどを除いてはすべて携わってきました。

池広監督も『終着駅シリーズはライフワーク』と常々おっしゃっていますので、その“熱い思い”には、これからもプロとしてきちんとお付き合いしていきたいなと思っています」

※プロフィール:佐藤凉一(さとう・りょういち)
1979年テレビ朝日入社。以来、ほぼ一貫してドラマ制作に携わる。『土曜ワイド劇場』では、『終着駅シリーズ』のほか『タクシードライバーの推理日誌』や『監察官・羽生宗一』など数多くの人気シリーズをプロデュース。『臨場』『遺留捜査』『相棒』など連続ドラマも多数、手掛けている。

※番組情報 日曜プライム『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』
2018年4月22日(日)午後9:00~10:52放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事