テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

安達祐実、黒川智花の純愛体質を見抜く⁈ 黒川は安達に「綺麗な瞳にドキっ」

ヒラから這い上がった “叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く、木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season3』

©テレビ朝日

4月19日(木)に放送される同ドラマの第2話では、黒川智花がゲスト出演し“第一の容疑者”を演じる。

 

◆黒川智花、“純愛体質”の女性演じる

第2話は、金額欄は”百万円”なのに、中身は千円札1枚…という“謎のご祝儀袋”を持った女性の遺体が発見されたところからスタート。

被害者はある会社に勤務する、女性総務課長。事件当日、部下にあたる女性の結婚式に参列していたが、式の後に行われる披露宴には姿を見せず、会社の裏路地で刺殺体となって発見される。

黒川が演じるのは、被害女性の部下であり、新婦の同僚でもある社員・立花美穂。彼女も事件当日に披露宴から姿を消しており、大岩らは美穂を最有力容疑者として行方を追う。

しかし捜査を進めるうちに、萌奈佳(安達祐実)は美穂の胸の内に秘めた“純愛体質”を見抜いて…!?

 

◆「一課長になら本音を話せそう」

©テレビ朝日

黒川は、「美穂はおっとりして見えるのですが、実は大きな愛を内に秘めている。そんな芯の強さを伝えられたらと思って演じました」と役についてコメント。

内藤演じる大岩一課長には、「しっかり向き合って良き方へと導いてくれる洞察力と優しい包容力に溢れているイメージ。一課長になら本音を話せそうです」と、“理想の上司”の包容力を感じたという。

一方、谷中萌奈佳役の安達祐実から取り調べを受けるシーンでは、「じわじわと迫ってくる安達さんのお芝居に圧倒されました。見つめ合ったときは、吸い込まれそうなほどの綺麗な瞳にドキっとしました」と、緊迫のやりとりを交わしたエピソードを明かした。

結婚式を舞台にした複雑な謎が絡まる殺人事件の真相とは? そして、黒川智花演じる美穂はどのように事件に関わっているのか? 第2話も見逃せない!

なお、黒川智花は以下のようにコメントを寄せている。

 

◆黒川智花 コメント

©テレビ朝日

――第2話のメインゲスト・立花美穂を演じるにあたり、いちばん大切にされたことは?

「美穂はおっとりして見えるのですが、実は大きな愛を内に秘めている…。そんな芯の強さを伝えられたらと思って演じました」

――美穂は萌奈佳から「純愛体質」だと指摘されますが、ご自身は?

「私はお仕事を優先してしまうので、美穂の持っている乙女心は羨ましいような気もしました(笑)」

――“捜査一課長”としての内藤剛志さんの印象は?

「内藤さんご自身のお人柄の良さも出ていると思うのですが、一課長になら本音を話せそうです。しっかり向き合って良き方へと導いてくれる洞察力と優しい包容力に溢れているイメージで、魅力的だと思いました」

――谷中萌奈佳役・安達祐実さんと共演された感想は?

「取り調べのシーンで、じわじわと迫ってくる安達さんのお芝居に圧倒されました。見つめ合ったときは、吸い込まれそうなほどの綺麗な瞳にドキっとしました」

――視聴者の皆さんへメッセージをお願いします!

「散りばめられた違和感から少しずつ真実に近づいていく一課長たちの姿は必見です。また、一途でまっすぐな美穂の未来とは…!? ぜひ注目して頂けたらと思います」

※番組情報:『警視庁・捜査一課長season3』第2話
2018年4月19日(木) 午後 8:00 ~ 午後 8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1