テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

内藤剛志、3Dになって出現!『警視庁・捜査一課長AR』で、どこでも“臨場”

ヒラから成り上がった最強の刑事、捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描くこのドラマ『警視庁・捜査一課長』

©テレビ朝日

4月12日(木)から最新シリーズとなる「season3」の放送が始まり注目を集めている同シリーズは、放送に合わせて様々なイベントや企画を行っており、昨年放送された「season2」では内藤剛志演じる“捜査一課長目線のVR”が作られ、ドラマの名シーンを360度動画でVR体験できるとファンの間で話題となった。

そして、今回の『season3』では“AR”に挑戦!

動画のように、スマートフォン(※iOS版は4月下旬リリース予定)で『警視庁・捜査一課長AR』を立ち上げてARマーカーをかざすと、カメラのなかに内藤剛志演じる捜査一課長の“3D”が出現!

ARは6種類用意されており、ダウンロードすれば好きな場所で“3D一課長”を撮影することができる。

ちなみに、この“3D一課長”を作成するにあたり、84台のカメラで内藤剛志を360度取り囲み撮影したそうだ。

◆内藤剛志がお気に入りの写真を選定!

さらに、このARを使った『どこでも一課長!ARフォトコンテスト』の開催も決定

フォトコンテストへの参加は、『警視庁・捜査一課長AR』で撮った写真に「#どこでも一課長」と添え、自身のTwitterアカウントから投稿するだけ。投稿された作品のなかから、内藤本人がお気に入りの写真を選定する。

そして、内藤のお気に入り写真に選ばれた投稿者にはなんと、サイト上で“内藤から特別メッセージ”が送られる。

内藤からメッセージをもらえるまたとないチャンスを、お見逃しなく!

※『警視庁・捜査一課長AR』の詳細は、こちら!

※番組情報:『警視庁・捜査一課長season3』第2話
2018年4月19日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事