テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

俳優・永瀬匡、内なる熱意を語る。どんな役でも「誰よりも面白くしてやる」

テレビドラマ、舞台、そして堤幸彦監督作品など名だたる監督の映画にも出演してきた新進気鋭の若手俳優、永瀬匡

これまで恋愛もの、学園もの、特撮作品などでさまざまな役を演じてきた永瀬だが、4月15日(日)に放送される沢村一樹主演のスペシャルドラマ『CHIEF~警視庁IR分析室~』では刑事役に挑む。

同ドラマは、防犯カメラやGPSなどの“情報”を駆使した捜査を行う特殊部署「IR分析室」に所属する刑事たちが事件の謎を解き明かす新感覚ミステリー。“沢村一樹×伊藤歩”の初タッグにも注目が集まっている。

©テレビ朝日

永瀬は同作で、沢村らと同部署に所属し事件解決に奔走する刑事“稲見彰”役を演じた。

テレ朝POST編集部では、そんな永瀬匡にインタビューを敢行。ドラマの見どころはもちろん、今後の“俳優としての在り方などについても熱く語ってくれた。

 

◆“グレーゾーン”を狙えるって意味で楽しくできた

©テレビ朝日

ーーまず、刑事役を演じてみてどうでしたか?

永瀬:「放送は他局のドラマが先なんですけど(※既に放送済)、撮影はこっちのほうが先だったので、刑事役を実際に演じるのは初めてでした。

警察というと世間一般に少しとっつきにくいイメージがあるけど、今回は捜査一課や二課に少し敵対心を抱いているような“はぐれもの”の部署の刑事の役なので、一般の人に近い感覚でできたのかなと思います。」

ーー“はぐれもの刑事”を演じるなかで、意識したことはありますか?

永瀬:「捜査のためにGPSをつけたりだとか、一課のようなちゃんとした部署だったら許可が必要なところも自分たちは許可なしでできたり、“グレーゾーン”を狙えるっていう意味で普通の刑事役よりも楽しくできたんじゃないかと思います。

いわゆる“警察の特権”のようなものを味わえる位置に自分はいるって意識して演じていました。」

 

◆役者以外の友人の「おすすめ映画」に刺激を受けることも

ーー多忙な永瀬さんですが、お休みの日はどう過ごされていますか?
永瀬:「裏方さんとか、役者以外の友人と遊んだり飲みに行くことが多いです。おすすめしてくれる映画が自分が全く知らないジャンルのものだったりとか、刺激を受けることがたくさんありますね。

役者仲間といると『今これは見ておいたほうがいい』『この監督作品はチェックしておかないと』と偏ってしまいがちなので、新鮮です。

あと、ひとりで出かけてみて普段出会わない人と出会うのも好き。この間大学の教授と仲良くなって、“頭のいい人ってこういう話し方をするんだ!”って感動して帰り道に真似してみたり。

知らない業界の人と話したことを芝居に反映することも楽しいけど、『こういう人もいるんだ』って知ることも楽しいんです。」

ーー家と外ではどっちで過ごすことが多いですか?
永瀬:「最近は、自分の家に友人を招くと料理を作ってくれるので、それを食べること(もてなされること)にもハマってて(笑)。

なので、家で過ごすことが多いです。お風呂にもお湯をためてゆっくり入るので、大きい箱に“草津温泉”とか温泉名のついた入浴剤をたくさん持ってます。」

 

◆どんな役でも「絶対に誰よりも面白くしてやる!」

ーー自分と違う業界にいる友人と接しているなかで、“こういう役をやりたい!”などと考えたことはありますか?
永瀬:「特にないです。でも自分が演じるってなったら、『じゃあ絶対に誰よりも面白く作ってやろう!』という気持ちでやっています。ただ、役をやっていくなかでもっとこうするべき、とか制約が厳しいのは苦手ですけど…(笑)」

ーーでは、「誰よりも面白くする」ために演じるときに工夫していることはありますか?
永瀬:「そもそも俳優には正解がないんですよね。日本の俳優は特に、ドラマ・映画・舞台となんでもこなすし、最近は『hulu』や『Netflix』とかの動画配信サービスも出てきたりと多様化しているから、余計にそう感じます。

この間堤(幸彦)監督とも飲みにいって、役者自身もただ演じるだけでなくその媒体に応じて見極めて仕事をしていかないといけない時代になっている、という話をしました。

堤さん自身、見極めるマネジメントができる人を育てる仕事を今やられているみたいで。

芸能界も変わってきて、理解がしづらい状況になっているからこそ、出る人だけじゃなくてみんなで考えていくべきだと思います。

先が見えなくて分からないこともたくさんあるけど、だからこそすごくやりがいがあるし、自由になっていくところも多いと思うのでこれからも楽しみです。役者って本当に面白いですよ!」

 

◆“自分たちなりの正義”を突き通す様がカッコいい作品

ーー最後に、ドラマ『CHIEF~警視庁IR分析室~』の見どころをお願いします!
永瀬:「『IR分析室』って架空の部署ではあるんですけど、みんながはぐれものながらに一致団結して“自分たちなりの正義”を突き通していくっていうところがすごくカッコいい。

チームワークってやっぱり人生において大切だ、って思える。そんなドラマです。

そういう点で、ただの刑事ドラマではなく“やってやるぞ!”って気持ちも駆り立てられるような、やる気を後押ししてくれるような作品なので、多くの人に見ていただいてシリーズ化なりしていけたらいいなと思います。

シリーズ化したらもっともっと面白くできると思うので。ぜひみなさんご覧ください!」

※番組情報 :『日曜プライム』ドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』
2018年4月15日(日)午後9:00~11:05放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1