テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

プロレスにハマる松井珠理奈。新日・棚橋弘至も絶賛の『豆腐プロレス』の台詞とは?

AKB48グループのメンバーがガチンコ勝負のプロレスに挑戦し注目を集めているドラマ『豆腐プロレス』。現在テレビ朝日のYouTubeチャンネルでは、同ドラマの舞台裏の模様をおさめた動画『ROAD to WIP』が公開されている。

本ドラマの舞台は、すべての選手が現役女子高生で構成されるまったく新しいプロレスリーグ「WIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)」で、そのチャンピオンベルトを目指し熱い闘いを繰り広げる女子高生たちの活躍が描かれる。

本記事では、4月24(月)までの公開となった『ROAD to WIP』から選りすぐりのエピソードをピックアップ。今回は、“ハリウッドJURINA”として本作に出演中のSKE48・松井珠理奈がプロレスの魅力に開眼する様子を紹介する。

 

◆新日・棚橋から必殺技を直接伝授! 動画は4月24(月)まで公開中

ドラマ【豆腐プロレス】「ROAD to WIP」#3 本格トレーニング開始』では、父親がプロレスファンで幼いころ一緒に試合をみていたという松井珠理奈が、未経験ながらも抜群のプロレスセンスを披露する。(※以下、画像はすべてYouTubeのスクリーンショットです)

撮影に向け、プロレスの基礎練習に挑戦する松井。「受け身」の練習では、コーチの女子プロレスラー・下田美馬から「私と同じぐらい叩けてる!」とさっそく褒められる

さらに、ストンピングの練習では、“人を蹴る”という日頃はあまりおこなわない動作に戸惑いながらも練習を続ける。そんななか、下田先生からもらった「もっと強くして平気」という言葉で松井が覚醒。松井のストンピングを受けた先生は、思わず「スゴい!!」と漏らすほど

こうして練習で手応えをつかんだ松井は、「もっともっとうまくなりたい! やるなら本気でやらなきゃ。燃えてきた」と意気込む。

そして、『ドラマ【豆腐プロレス】「ROAD to WIP」#11棚橋×珠理奈 秘密特訓』では、今年1月に初めてプロレスを生観戦してから、練習にも新日本プロレスのジャージとTシャツを身にまとってあらわれ、すっかりプロレスに魅了された松井の様子をみることができる。

スタッフからの「プロレスに詳しくなった?」という質問には、「やるのも楽しいし観るのも好きになりました」と答え、すっかりプロレスにどハマり中の様子をみせる松井。

そんな松井に、新日本プロレスのエース・棚橋弘至との対談のオファーが届く。

本作ではスター選手が数多く所属する「白金ジム」のエース“ハリウッドJURINA”を演じる松井に、新日のエースとして棚橋がその極意を伝授。

また対談では、本作の4話でHKT48・宮脇咲良から技を決めているときの気分を聞かれた際に松井が「最高の気分」と呟くセリフについて、「棚橋選手をイメージした」と撮影秘話を告白。

そのシーンについて、モデルになった棚橋も「あの言い方が良かったね」と絶賛する

そして、ふたりは新日本プロレスの道場に向かい、一緒に“ハリウッドJURINA”の必殺技「フライングJURINA」の練習を行うことに。

棚橋がお手本として自信の得意技「ハイフライフロー」を披露。それを目にした松井は「本物や」と大喜びする。その姿は、プロレスファンそのものだ。

つづいて松井が「フライングJURINA」を実践。彼女の技をみた棚橋からは、「マットに全体で落ちると良くなる」とプロの視点で改善ポイントのアドバイスをもらう。

憧れの棚橋との練習を「夢かと思ってる」と満面の笑みで振り返る松井は、「めちゃくちゃ気合が入りました」とこれからについても意気込み、本作でのさらなる飛躍を誓った。

※番組情報 『豆腐プロレス
2017年4月22日(土)0時5分~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1