テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

相葉雅紀、10年来の夢叶い『熱闘甲子園』出演!100回記念大会のSPナビゲーター就任

今年記念すべき100回目の大会をむかえる全国高校野球選手権大会

史上最多となる56校が出場することも決定している『第100回全国高校野球選手権記念大会』を例年以上に熱く盛り上げるべく、自身もプライベートで甲子園に観戦に行くほど高校野球好きだという相葉雅紀が、“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”に就任することが決定。

新年度スタートとなる4月1日(日)、テレビ朝日にて行われた記者会見の冒頭で相葉本人から直接そのことが発表された。

©ABCテレビ

◆高校野球好きの相葉が、100回記念大会のスペシャルナビゲーターに!

相葉はレギュラー放送38年目をむかえる『熱闘甲子園』をはじめ、大会期間中連日朝から夕方まで放送する『高校野球中継』、そして甲子園出場決定までの全国の地方大会結果を伝える『速報!甲子園への道』といった高校野球関連番組に多数登場予定。

会見でそれらの出演予定番組が発表されると相葉は、「こんなに出させていただけるんですか! 忙しくなるぞー!」と気合いを入れ直していた。

◆古田敦也が『熱闘甲子園』の極意を伝授

また、今年の『熱闘甲子園』キャスターには古田敦也とABCテレビのヒロド歩美アナウンサーが決定。会見ではヒロドアナから「尺管理がバッチリ」と絶賛されるほど安定の進行を見せる古田が、生放送である『熱闘甲子園』の“極意”を相葉に伝授した。

相葉は、そんな古田を「完璧な方」と表現。「現役のときはキャッチャーで敵なし。監督のときには『代打、俺』で一世を風靡。今はキャスターとしてバリバリ活躍されているわけですから…」と羨望の眼差しを向けていた。

また、会見では野球に励んでいた相葉の少年時代の写真も公開。地区の大会で優勝し、優勝旗を手に微笑む相葉の写真に、古田も「かわいいね、こうやって見るとやっぱりジャニーズ!」と称賛し、相葉も照れたような表情を浮かべていた。

◆相葉&古田、キャッチボール披露!

今回は、「相葉が球児たちの思いを受け止め、視聴者に届ける」ということで、古田が相葉に“キャッチング”の技を伝授することに。

古田が現役時代に使用していたキャッチャーミットをつけ、会見場でキャッチボールを披露。「最近は観る専門で、キャッチボールするのは久しぶり」という相葉は徐々に勘を取り戻し、古田と軽快なボールのやり取りを見せた。

©ABCテレビ

さらに、スペシャルナビゲーターに就任した相葉に“スペシャルユニフォーム”をプレゼント

胸元には「熱闘」と書かれ、背中には「AIBA」、そして100回大会にちなんで背番号100が入ったユニフォームに袖を通した相葉は、さながら入団会見のようなポーズで報道陣からの写真撮影に応じていた。

最後には古田からサプライズで、使用したミットもプレゼント。思いがけない贈り物に相葉も「ホントですか!? 嬉しい!」と感動した様子だった。

100回という長い歴史のなかで、多くの球児たちが憧れ、そして多くのファンたちに愛されてきた夏の高校野球。今後も続いてくその歴史の大きな区切りとなる100回記念大会を、相葉雅紀、古田敦也、ヒロド歩美という最強の布陣で伝える。

◆「生で起きていることを逃さず、拾って伝えていきたい」

そして、“熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター”の相葉雅紀と熱闘甲子園キャスターの古田敦也は、以下のコメントを寄せている。

©ABCテレビ

(※相葉雅紀 コメント)
プライベートでも甲子園に観戦に行って球児を応援しているくらい高校野球が大好きなので、こうやってお仕事として関われることを光栄に思っています。

もともとは祖父が千葉県の習志野高校を応援していた影響で、僕も高校野球を見るようになり、それから少年野球を始め、いつか甲子園に出たいと思っていました。ジャニーズ事務所に入ったため、甲子園を目指す夢は終わってしまいましたが、こうして高校野球関連の仕事ができて本当に嬉しいです。

テレビには映らないような球場の雰囲気、観客の方々の様子までしっかり見て、球児が一球に魂を込めるように、僕も命をかけてお伝えしていけたらと思います。古田さん、ヒロドさんにいろいろ教えていただきながら、熱い夏にしますので、よろしくお願いします!

――相葉さんにとって高校野球の魅力とは?
一球にすべてをかけているところですね。健気に頑張っている姿にいつも勇気をもらっています。

――これまでの高校野球で心に残る名勝負は?
昨年の大阪桐蔭vs仙台育英戦です。甲子園で観ていたのですが、9回裏でのあの逆転劇にはしびれました。球場がどよめくってああいう感じなんだ、と。

あのときファーストベースを踏みそこねてしまった選手が、今年の大阪桐蔭のキャプテンなんですよね。そうやって3年間を追うことができるのも楽しみのひとつです。

生で起きていることを逃さず、拾って伝えていきたいですし、取材にもたくさんいけたらいいなと思います。

――スペシャルナビゲーターに就任したときの感想は?
10年ほど前に、芸能界にいてやりたい仕事は?と聞かれたときに「『熱闘甲子園』がやりたいです」と答えていたんです。まさか実現するとは、という“嬉しいびっくり”でした。今日は4月1日(エイプリルフール)ですけど、これが嘘じゃないといいな、と思っています。

嵐のメンバーも、この会見を見て、祝福してくれていると思います。

――相葉さんにとって甲子園とはどんな場所?
80回大会のときにジャニーズJr.として甲子園で踊らせていただきました。そのときに初めて甲子園に立たせていただいたのですが、ずっと憧れていた場所だったので感動しました。

甲子園とは年に一回パワーをもらえる、自分に刺激をくれる場所です!

(※古田敦也 コメント)
『熱闘甲子園』という番組には特別な意味があります。高校球児たちの熱い姿を伝えていくというキャスターの仕事を4年もさせていただいて、非常に嬉しく思っています。

そして今回は100回という記念大会。そこに携われるということもとても嬉しいですし、身の引き締まる思いです。

甲子園という地は高校球児にとって夢の舞台。あの炎天下の中、必死で歯を食いしばって試合を行うからこそ感動が生まれます。プレーもさることながら、そこに至るまでの経緯、選手たちの思い、郷土の誇りなども伝えていけたら、と思います。

相葉さんもいらっしゃって心強いので、3人で頑張っていきます!

※相葉雅紀 出演予定番組

『カミワザ甲子園~球児へのエール~』
4月5日(木)スタート 毎週木曜日 深夜 0:24~ 0:31放送、ABCテレビ (ローカル)

『夏のチカラ~球児へのメッセージ~』
4月14日(土)スタート 毎週土曜日 午後10:10~10:15放送、ABCテレビ (ローカル)

『速報!甲子園への道』
7月 放送予定、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット

『熱闘甲子園』 
8月5日(日)開幕から決勝まで連日夜 生放送 、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット

『第100回 全国高校野球選手権記念大会 中継』
8月5日(日)開幕から、ABCテレビ、ほか系列各局

※番組の放送日時は、編成の都合により変更になる可能性があります。

LINE はてブ Pocket +1