テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

選手達の「応援席」がスマートフォンで視聴可能に!世界フィギュアスケート国別対抗戦で画期的施策!

※画像はイメージです

4月20日(木)~23日(日)の4日間、テレビ朝日系で『世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 presented by SHISEIDO』が放送される。

この大会は、シーズンの最後を飾るISU(国際スケート連盟)主催の国際大会。舞台となる東京・国立代々木競技場第一体育館に、日本、ロシア、アメリカ、カナダ、中国、フランスの世界ランキング上位6カ国が集結し、「男女シングル」「ペア」「アイスダンス」でフィギュア世界最強国の座を争う。

チーム戦である「国別対抗戦」では、演技はもちろん、応援席からチームメイトの演技に声援を送る各国の代表選手たちの様子も大きなみどころのひとつだ

過去の大会では、羽生結弦、宇野昌磨ら世界のトップスケーターがリンクやキス・アンド・クライなどでは見せたことのない、精一杯の気持ちを込めた表情でリンク上のチームメイトを応援する姿が話題となった。

 

◆「国別対抗戦」の醍醐味!“応援席の様子”をスマホでウォッチ

そこで今大会の中継では、これまで選手の演技中には映し切れなかった“応援席”の様子をスマートフォンで楽しむセカンドスクリーンを実施。中継される選手の演技と選手たちの応援を同時に視聴することができる。

※画像はイメージです

「セカンドスクリーン」で楽しむためには、まずスマートフォンに「テレ朝アプリ」をダウンロード。

※画像はイメージです

アプリを起動後に、トップ画面にある「国別対抗バナー」をタップ。テレビ中継で選手がリンクイン後にスマートフォンをテレビの前にかざし、ディスプレイ中央のボタンを押す。

※画像はイメージです

すると、アプリがテレビの音声を認識、放送中の演技と同じタイミングの応援席の様子がスマートフォンに映し出される。

 

◆特許出願中の音声技術で、テレビとスマホの映像ズレを解消

そしてこの「セカンドスクリーン」では、テレビ朝日が特許出願中の独自技術により開発された『msync-CAM(エムシンク-カム)』という音声同期技術が活用されている。

同技術により、これまで問題になっていたテレビとスマートフォンの映像のズレを解消。テレビで見る選手の“演技”とスマートフォンで見る“応援席の選手たち”をまったく同じタイミングで見ることが可能となった。

フィギュアスケート中継を実際のアリーナで楽しむかのような形にグレードアップさせた、テレビ朝日の画期的な新技術に注目だ。

 

※番組情報:『世界フィギュアスケート国別対抗戦2017 presented by SHISEIDO
・2017年4月20日(木)よる6:30~9:00「男女ショートほか」、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)
・2017年4月21日(金)よる8:00~9:54「男子フリーほか」、テレビ朝日系24局
・2017年4月22日(土)よる6:56~8:54「女子フリーほか」、テレビ朝日系24局
・2017年4月23日(日)よる6:57~8:54「エキシビション」、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1