テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ピアノ美女の殺人、焼き芋屋が趣味で盗聴してた!田中美里&小林稔侍が謎を追う

4月1日(日)、田中美里・小林稔侍主演の人気シリーズ『京都南署鑑識ファイル12』が「ミステリースペシャル」として放送される。

©テレビ朝日

“京都南署鑑識係”の活躍を描く大好評シリーズの第12弾として放送される本作では、「今夜12時、人が殺される」という謎の密告電話から“ピアノ調律師殺人事件”が発生。

華やかな音楽大学を舞台に起きた連続殺人の謎に、鑑識係・りつ子(田中美里)が迫る!

 

◆あらすじ

©テレビ朝日

ある日の午後、京都南署の鑑識係・円城寺りつ子(田中美里)は「今夜12時、“賢隆寺”で人が殺される」という謎の密告電話を受けた。りつ子や大山恭一刑事(東幹久)らはその夜、寺を張り込むが、結局、何事も起きず、イタズラ電話だったものと判断された。

ところが翌朝、“恵竜寺”でピアノ調律師・工藤由美(上野なつひ)の絞殺死体が発見された…! “賢隆寺”と“恵竜寺”――。電話の主は確かに“賢隆寺”と言っていたはずだが、りつ子が聞き間違えたのだろうか…!?

遺留品のデジタルカメラから、気鋭のソプラノ歌手・北川凛(大塚千弘)と男性の密会写真が見つかり、大山らは凛を直撃。しかし、凛は由美のことはまったく知らないと証言、相手の男性については固く口を閉ざす。

そんな中、りつ子は前夜、様子をうかがうように賢隆寺の付近を走っていた不審な軽トラックのことを思い出す。調べたところ、その軽トラックの持ち主は、南署鑑識主任・志賀隆造(小林稔侍)が刑事時代に逮捕したことのある元窃盗犯・飛松一郎(小倉久寛)と判明。

更生した飛松は現在、軽トラックで焼き芋の移動販売をしており、商売の合間に誰かが仕掛けた盗聴電波を受信してひそかに楽しんでいたことを告白する。

©テレビ朝日

事件当日、偶然、「殺すしかないわ」「計画どおり、今夜12時」という女の声を受信して動揺、あわてて南署に密告電話をかけたと打ち明ける。その際、飛松が“恵竜寺”を“賢隆寺”と聞き間違えてしまったようだ。

飛松から情報を得てりつ子たちが盗聴電波をたどったところ、近くの音楽大学の一室に盗聴器が仕掛けられていたことが発覚。その音楽大学は凛の母校であり、来週末、大学主催で凛のリサイタルが開かれることになっていた。

しかも、凛の密会相手が教授の平尾淳一(岡田浩暉)と判明。さらに、殺された由美が大学理事長の高木揺子(櫻井淳子)を脅していたらしいこともわかるが、その矢先、また新たな殺人事件が発生して…!?

はたして、「殺すしかない」と電話で話し、由美を手にかけたのは誰なのか…!? そして、第二の殺人の謎は…!?

※番組情報:『ミステリースペシャル』「京都南署鑑識ファイル12
2018年4月1日(日) 午前 10:00 ~ 午前 11:50、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事