テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

うますぎて口パク疑惑⁈「カラオケ王No.1決定戦」の鳥肌もの歌声3連発が動画公開!

関ジャニ∞の村上信五・安田章大・大倉忠義がMCを務める音楽バラエティー番組『関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦』

©テレビ朝日

さまざまなジャンルで楽器の演奏や歌の正確性などを競い合う同番組だが、お馴染みとなっている人気コーナー「最強カラオケ王No.1決定戦」では、国内外からプロアマ問わず多くの出場者が集まり、熱い勝負を繰り広げてきた。

そんな「最強カラオケ王No.1決定戦」で、企画が始まって以来全5大会すべてを制しているのが、ミュージカル女優の新妻聖子だ。

“絶対女王”の異名を持つ新妻は、前大会もセリーヌ・ディオンの『To Love You More』で圧倒的な歌唱力を魅せつけ、会場の度肝を抜いた

そんな新妻は3月30日(金)に放送される同番組の第6弾でも圧巻の歌唱を披露! 現在妊娠中の新妻、今回の歌唱が産休前ラストステージに! 力強い歌声は必聴だ!

 

◆新妻聖子だけじゃない!番組に登場した歌姫たち

また、同企画には新妻のほかにも最強の歌姫たちが登場している。

『Xファクター』のウクライナ版に出場時、歌がうますぎて口パクを疑われたほどの奇跡の歌声を持ったシンガー、アイーダ・ニコライチュクは、その美貌と澄んだ歌声が魅力

前大会で披露した『涙そうそう』(夏川りみ)では、日本語の歌詞は初挑戦だったというが、そんなことは全く感じさせずに持ち前の美声で会場を包み込んでいる。

そして、現役高校生でありながら、過去大会では新妻をあと一歩のところまで追い込んだ“最強ゴスペル女子高生”こと鈴木瑛美子は、番組での歌唱後にCMに出演するなど注目の存在に!

そんな鈴木が「打倒・新妻聖子」を掲げて前回大会で歌ったのは、MISIAの『逢いたくていま』

10代とは思えないパワフルな歌声は“モーツァルト史上最強の女子高生”と言っても過言ではない!

鈴木は、3月30日(金)放送の同番組・第6弾にも出場。「最強カラオケ王No.1決定戦」では悲願の新女王の座を目指す! 現在高校3年生の鈴木、制服姿で歌う最後のパフォーマンスは必見だ!

※番組情報:関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦
2018年3月30日(金)午後7:00~9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事