テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

松坂桃李、R18指定の激しいベッドシーンに挑戦!同世代俳優への嫉妬心も語る

いま一番聞きたいあの人の言葉を心の奥底から引き出すインタビュー番組『ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~』(BS朝日)。

©BS朝日

3月31日(土)に放送される同番組には、今年30歳の節目を迎える俳優・松坂桃李が登場する。

松坂はこれまで、童貞の小学校教師、オネエ、残虐非道のテロリストなど一癖も二癖もある役を見事に演じ、高い評価を得てきた。

そんな松坂が、本名だという「桃李」の由来から、デビュー当初の苦労、大物俳優・演出家との出会い、そして同年代の俳優との友情秘話などを明かす。

 

◆ 訪れた“大きな試練”

松坂は1988年10月17日、神奈川県茅ケ崎市に生まれた。大学生だった2008年に雑誌『FINEBOYS』のオーディションでグランプリに輝き、翌年『侍戦隊シンケンジャー』でドラマ初出演ながらいきなりの主演デビューを果たす。

その3年後にはNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』に出演を果たすなど、順風満帆で恵まれた俳優生活のスタートを切った。だが彼は、自分の実力と人気のギャップに人知れず苦しんでいたという。

そしてついに、実力不足を自覚しながらも映画・ドラマ・舞台へと出演を重ねていった松坂に“大きな試練”が訪れる。

厳しいことで知られる演出家、世界の蜷川幸雄の舞台への出演だ。あまりのダメ出しの連続に精神的に追い込まれ、蜷川から見捨てられたと感じることもあったという。逃げ出したくなるような困難や試練を、松坂はどうやって乗り越えてきたのか?

 

◆リスクを背負ってまで汚れ役に挑む訳

松坂の主演映画『娼年』が、今年4月6日に公開される。同作は、無気力な大学生が会員制ボーイズクラブの娼夫として様々な女性たちと体を重ね、人間的に成長していく大人の愛の物語だ。

とりわけセンセーショナルなのが、松坂が体当たりで演じたラブシーン。R-18指定の激しいベッドシーンは、これまで築いてきた松坂のイメージやキャリアを壊しかねない。一体なぜ、今をときめく二枚目俳優がリスクを背負い、汚れ役に挑んだのか? また、実力と人気のギャップに苦しんできた松坂が抱く将来への希望と不安とは?

加えて、岡田将生・柳楽優弥・濱田岳ら同世代の俳優との友情や嫉妬心なども赤裸々に語る。

※番組情報:『ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~
2018年3月31日(土)午後6:00~午後6:54、BS朝日

LINE はてブ Pocket +1